最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


auがガラホ「AQUOS K SHF31」を発表

au

ねこ

ガラホというガラケーとスマホのハイブリッドをKDDIが発表しました。外見は今までの折りたたみ、中身はAndroidだそうです。機種名はAQUOS K SHF31。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

ガラホが発売へ

前々からウワサされていたガラホ、12時から行われているKDDIの発表会で発売が明らかになりました。シャープ製で機種名は「AQUOS K SHF31」との事。
なかなか癖のありそうな機種です。今までのガラケーをリプレイスできるのか。

KDDIは19日、見た目はガラケー、中身はAndroidスマホという「ガラホ」、シャープ製「AQUOS K」を正式に発表した。
AQUOS Kは3.4インチの液晶を搭載。ガラケーとして人気の折りたたみ式でテンキーも備わっている。赤外線通信、ワンセグ、おサイフケータイなども搭載。見た目はガラケーとなんら変わらない。

ただし、テンキー部分がタッチパネルのようなセンサーになっており、画像の拡大縮小などは、テンキー部分をスマホの画面のように触ると操作できる。そのため、Web閲覧とカメラに関しては、ちょっと独特な操作体系となっているので注意が必要だ。

Yahooニュース

 

Google Playには非対応

通信はLTEに対応(ただしVoLTEに非対応)、赤外線やワンセグ、おサイフケータイなど日本の定番機能にも対応。ただ見た目はガラケーでも操作系統はちょっと特殊なようです。

液晶画面自体はタッチパネルになっていないのでテンキーで操作する形ですが、物理ボタンにタッチセンサーがついておりスマホの画面のように操作するとか。

搭載OSはAndroid4.4ですがGoogle Playに対応しておらずアプリのダウンロードはできません。
au側が初めから入れているアプリ以外は、アプリ開発者がこの機種専用にプログラムしauと調整する必要があるとの事。これはau側が精力的に働きかけないとなかなかアプリは増えなさそう。

マップや辞書など基本的なアプリは当然入れてくるでしょうし作ってくるでしょうが、それって今までのガラケーでもできましたよね。

広告

 

どのユーザへ向けてのものなのか中途半端な印象

そもそも「ガラホ」というネーミングで発表があったのが初めてなだけで、以前auはAQUOS PHONE IS14SHというテンキーつきのAndroidを出しています。
スライドしてテンキーが出てくるタイプであり3.7インチのタッチパネル液晶も搭載していたためGoogle Playには対応していたようですが、今回のAQUOS Kは非対応です。

画面の大きさは今までのガラケーと大して変わっていませんし(3.4インチはガラケーでは最大クラスではありますが)、アプリが使えなければAndroidの意味がありません。
テザリングができるガラケーは他社でもあります。LTEに対応したとはいえVoLTEは非対応。

auとしてはガラケーからスマホへの乗り換えで躊躇している層へ機種変更を促したいのでしょうし、実際に乗り換えは進むかもしれませんが、ガラケーとできる事が大して変わらないならば製品としては期待はずれですね。

今までガラケーを使っていた人がテザリングに興味があるとは思えませんし、ウリとなるポイントがどうにもピンときません。

 

料金・発売日など

料金プランや発売日などは発表され次第追記していきます。もしスマホと同じ料金プランだったら完全にぼったくり。

13:10追記:基本料金は4年間1,000円引きだそうです。旧料金プランのLTEフラットなら税込み5,948円、新料金プランのカケホとデジラなら税込み6,020円っぽいです

また発売日は2月下旬予定との事

 
要は高速回線が使えるだけ(料金はスマホ並み)ですね。売れるようなら世代を重ねてブラッシュアップされていくとは思いますが、現状ではガラケーユーザが乗り換えるメリットは特になさそうです。今後に期待。

auのスマホの予約はオンラインなら並ぶ必要もなく24時間手続き可能。同じ金額で並ばず買えて頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


au
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて