最新ブログ iOS10.3.2のアップデートは多数のセキュリティ脆弱性を修正。不具合は今の所なさそう


何が変わった?Apple Watch Series2・Series1と初代アップルウォッチの違い

Apple

初代アップルウォッチとApple Watch Series2・Series1のスペックの違いを比較しました。Series2では何ができるのか、どう変わったのか。50m耐水という防水性能の表記はどうなのか。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


初代アップルウォッチとApple Watch Series2の違い

アップルウォッチの第二世代にあたる「Apple Watch Series2」が発表されました。仕方ない話ですが、初代アップルウォッチは完成度の部分では未熟と言わざるを得なかったのでどこが進化したのか違いを比較。

羅列するとCPUの処理性能アップ、防水性能がアップ、画面が明るくなった、GPS内蔵、FeliCa(おサイフケータイ)対応というアップデート内容です。

初代アップルウォッチについてはApple Watchって何ができるの?機能や価格などざっくりまとめに書いてあるのでどうぞ。

 

処理性能や画面の見やすさの向上、GPS内蔵が進化ポイント

本体サイズは初代アップルウォッチと変わりありません。どのシリーズも38mmまたは42mmの2タイプのみ。が、ケースの重量と厚みで差が出ています。とはいえ腕時計の数グラムは完全に誤差なので全く気にしないでOKと言っておきます

  Apple Watch Series2 初代アップルウォッチ
ケース重量
(38mmモデル)
28.2g 25g
ケース重量
(42mmモデル)
34.2g 30g
ケースサイズ
(38mmモデル)
縦38.6mm
横33.3mm
厚み11.4mm
縦38.6mm
横33.3mm
厚み10.5mm
ケースサイズ
(42mmモデル)
縦42.5mm
横36.4mm
厚み11.4mm
縦42.5mm
横36.4mm
厚み10.5mm

 
本体性能はCPUが新しくGPS内蔵となった事で単独でMapの使用やアクティビティの記録ができるようになりました。iPhoneとのペアリングなしという事はランニングの時にiPhoneを持ち歩かなくてもいいという事です。

画面は「Appleがこれまで作った中で最も明るいディスプレイを搭載しているので、どんなにまぶしい陽射しの下でも測定値をはっきり読み取れます」との事。それでいて駆動時間は落ちていないので単純に視認性が上がったと考えて良さそうです。

 

Apple Pay(FeliCa)に対応。Suicaが使えます

iPhone7・7 PlusとiPhone6s・6s Plusは何が違う?スペック比較で書いた通り、iPhone7はFeliCaが対応となったためSuicaが使えるようになりました。Apple Watch Series2でもこれが使えます。

通勤に使っているSuicaを読み込ませれば時計をピッとかざすだけで改札が通れたり買い物ができます。ただ腕時計を左につける人は少し腕が出しにくいかもしれませんね。改札は右にあるので。

 

Apple Watch Series2は防水性能がアップ。でもダイビングはダメ

始めに言っておくと「50m耐水」というスペックの表記には言葉の意味と実際の効力に大きな開きがあります。ダイビングをするにはJISやISO規格で言う「◯◯m防水」の表記がされてないとダメ。

腕時計の防水規格には「◯◯気圧防水」と「◯◯m防水」という二つの表現があり、アップルの言う「50m耐水」は前者にあたります。おそらくアップルの独自表記でしょう。

50mは気圧に直すと5気圧なのでApple Watch Series2は「5気圧防水」となりますが、5気圧防水の時計でできる事と言えば水泳くらいです。水の表面でパチャパチャ泳ぐ程度。シュノーケリングも大丈夫かと思いますが潜水すると危ないです。

ダイビングには必ず「◯◯m防水」の方をクリアした腕時計が必要ですが、これはいわゆるダイビングウォッチでしかありえないと言っていいです。私が愛用しているオメガ・シーマスターは300m防水。これでようやくダイビングもOK。

結論としては以下のようになります。つまり性能的には十分防水をうたっていいものですが、せいぜいできる事は水泳程度でアップルとしては保証は一切しませんよという事ですね。

初代アップルウォッチ→
スペック表記上はIPX7(1mの水深に30分浸けても大丈夫)、でもアップルとしては水没の故障は保証対象外
Apple Watch Series2→
スペック表記上は50m耐水(シュノーケリングや水泳程度なら大丈夫)、でもアップルとしては水没の故障は保証対象外

 

Apple Watch Series2は買い?価格差は1万円

GPSは単純に喜べるアップデートですが、解説した通り防水性能の向上はライフスタイルが変わるほどではありませんでした。もっと言えば防水をウリにすればするほどレザーバンドの価値が落ちてくる(レザーという素材は水がNG)のはアップルらしくないですね。

スポーツバンドタイプは1万円の差額で初代モデルと併売されますが、せっかくGPSや防水性能を生かせるスポーツバンドを選ぶならApple Watch Series2で決まりです。

追記:初代と書きましたが、併売されているのは新モデルの「Apple Watch Series1」でした。つまり今回はSeries1とSeries2の二機種がラインナップされたという事です。

CPUがデュアルコアになっているだけでGPSや防水機能はありません。1万円の価格差ならやはりおすすめは変わらずApple Watch Series2です。

お値段は最安モデルで税込み40,824円から。公式サイトの案内をどうぞ。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


Apple
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて