最新ブログ iPhone6sが突然シャットダウン・電源オフになる現象、交換対象かシリアル番号でチェック可能に


次期Macbook Air2014は薄くてRetina搭載?個人的予想

Mac

Apple Store-表参道21

Macbook Airは4月末にマイナーチェンジされましたがあまりにショボく、次は本体を薄くしてRetina液晶搭載、12インチモデルなど色々なウワサがあります。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


Macbook Air 2014 Late

2014Earlyは価格を5,000円下げたもののCPU周波数が0.1GHz上がっただけ、SSDの性能に関してはベンチマークが落ちているというレポートもあるガッカリアップデートでした。

そんなわけで2014Lateモデルのリリースはある、と予想しているメディアも多数。私もありえなくはないと思っています。

インテルが正式に詳細を公開した、第5世代Coreプロセッサの「Broadwell」。次のMacBook Airにもこのプロセッサが搭載されると予想されていますが、それによって本体を9mmにまで薄くできる可能性があるんだとか。

今のMacBook Airは最厚部で17mm。この情報が本当なら、薄さが半分程度にまで削減されることになります。

GIZMODO

 
次のMacbook Airに新プロセッサが搭載されるのは間違いないでしょう。Broadwellの出荷は年末頃になりそうですがAppleはいち早く採用するはず。
逆に前回のアップデートではCPUがあまり変わっていないのでこれが間に合わないと年内の出荷は厳しいでしょう。

広告

Macbook Airの新型が出るとすればどうなる?

しかしいくらCPUが小さくなるとはいえそれに伴って半分も薄くなるかどうかは微妙なところ。だって厚さはCPU云々じゃなくUSB端子が原因ですからね。
薄くなるとしたらわずか、そしてどちらかといえばベゼルを狭める方向に小型化される気がします。

Macbookはデザインの観点(おそらく)からベゼルを大きめに取っています。加えて12インチモデルの噂を考えると、新型の13インチはディスプレイの大きさはそのままに筐体サイズだけが12インチ相当としてリリースされるのではないかと予想。当然軽くもなるでしょう。

 
さすがにAirだけで13,12,11と3つのサイズ展開は細分化されすぎている気がしますし、かといって13,11インチモデルのどちらかが単純になくなるというのも現実的ではないはず。私は13インチモデルが小型化されて12インチの新ラインとしてリリースされると読みました。

12インチがAirでもProでもない新プロダクトという話もありますが、私はそのサイズならAirとして出るんじゃないかと思っています。

Retinaディスプレイは?

RetinaをMacbook Airに載せるのは当分先なんじゃないかと思っています。消費電力とトレードオフとなるくらいなら個人的にはむしろ不要ですし、Macbook Proとの差別化も図れなくなるので。

逆にCPUの話を考えると筐体サイズが変わらないのであればRetina対応はありえると思います。11インチまで対応する事はまずないでしょう。

 

次期Macbook Airの個人的予想

13インチは筐体サイズが変化して12インチラインに統合
Retina対応はなし、ただし筐体サイズが変わらないようなら対応する可能性あり
メモリは最小で8GB

メモリに関しては次のタイミングで最小構成が8GBになるのではと予想します。個人的な願望が入っている感じもしますがこんなところで!

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


Mac
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて