最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


MacBookの買い時・買い替えタイミングとデータ移行手順

Mac

MacBookを買ったので古いMacからのデータ移行手順をメモ。MacBookの買い時や買い替えのタイミングを計っている人は私の持論を参考にどうぞ。新製品発売直後は買い時です。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

11インチMacBook Airから12インチMacBookに買い替え

今まで使っていたのはMacBook Airの11インチ2013年モデル。最小構成を当時76,445円で購入しました。安かった。3年経ってそろそろ4GBのメモリと128GBのストレージではきつくなってきました。

ChromeBookとか特殊なPCは除きますが、2016年現在はある程度の期間を使いたいなら必ず8GBのメモリが搭載されたノートPCを買いましょう。4GB以下は安物買いの銭失いです(しかも最近は後からメモリ増設できない機種がほとんど)。

先日の発表では13インチのMacBook Airのアップデートを期待していました。ディスプレイのベゼルはまだ狭くできるので、現在の12インチ無印MacBookと同程度のサイズでUSB Type-Cポートを2基搭載したモバイルノートを待ちたかったです。

結果発表されず11インチはラインナップすらなくなる事に。私はAppleがMacBook Airという製品ラインに見切りをつけたと感じました。11インチAirのマシンスペックもそろそろ限界、価格も下がったという事で12インチ無印MacBookに決めたというのが思考の結果です。

 

MacBookのデータ移行手順

それでは古いMacBook Airから新しいMacBookへのデータ移行です。用意するものはありません。手順画像は多いですが一言で言えば「二台のMacを同じWi-Fiで繋いで移行ボタンを押し放置」です。

まずは二台の新旧Macを起動し同じWi-Fiに繋ぎます。左が新MacBook(256GB)、右が旧MacBook Air(128GB)。情報の転送元を聞かれるので「Mac、Time Machineバックアップ、または起動ディスクから」を選択

MacBookのデータ移行手順01

 
新MacBookでは移行元(旧MacBook Air)を検索しています

MacBookのデータ移行手順02

 
このままでは出てこないので旧MacBook Airを操作し、Launchpadから「その他」→「移行アシスタント」を起動

MacBookのデータ移行手順03

 
こちらは旧MacBook Airなので「別のMacへ」を選択

MacBookのデータ移行手順04

 
すると新MacBookに転送元として表示されます。このまま「続ける」をクリック

MacBookのデータ移行手順05

 
新MacBookに6桁のコードが表示されました。他人のMacと繋がってはたまらないので認証ですね

MacBookのデータ移行手順06

 
旧MacBook Airにもこの通り。「続ける」をクリック

MacBookのデータ移行手順07

 
旧MacBookはこうなります

MacBookのデータ移行手順08

 
新MacBookではこう。移行項目は選んでもいいですが丸々コピーする場合はそのまま「続ける」をクリック

MacBookのデータ移行手順09

 
「移行元のiTunesの方がバージョン新しいよ」と言われました。そんな事あるんだろうか。普通はアップデートでいいです。私はとりあえずSkipしました

MacBookのデータ移行手順10

 
FileVaultディスク暗号化という画面が表示されますがそのまま「続ける」をクリック

MacBookのデータ移行手順11

 
Apple IDでiCloudにサインインして「続ける」をクリック

MacBookのデータ移行手順12

 
データのコピーがWi-Fi経由でスタートしました

MacBookのデータ移行手順13

 
デデーン

MacBookのデータ移行手順14

 
データのコピー時間はWi-Fiの質にもよりますしかなり適当です。有線接続の方が速いと思いますがケーブルを準備するのがそもそも面倒なのでWi-Fiでいいと思いますよ。120GBのデータは一晩熟成したら移行完了していました。

広告

 

MacBookの買い時はリリース直後

MacBookに限っては発売直後に買いましょう。それが最もコストパフォーマンスがいいです。

Appleは代理店(家電量販店とか)でも基本的に価格は変わりません。販売店独自で割り引く事がないので価格的な意味では買うタイミングが読みやすいです。

ちょいちょい次期モデルの噂で出てくるとダラダラ買い時を逃してしまうので発表直後に新製品または値下がりした旧製品を買うのがおすすめ。

値下がりのタイミングというのはいわずもがな良い買い物です。それまで16万円超えだったMacBookは現在14万円以下。おトク度は説明不要ですね。

そして新製品は当然スペック的には現在のPCよりも優れているはず。特にAppleの製品は発売後はしばらく価格が変動しません。それなら1日でも早く手に入れて生産性を上げるのが合理的。

 

欲しい時が買い時、その後は新製品をチェック

特にMacはリセールバリューがいいです。Windows機とは売却時の買取価格が違います。なんなら毎モデル買い替えてデータ移行し旧製品を売るのもアリです。乗り換えも楽なのでリース感覚で使用可能。

一台を壊れるまで使う、必要になったら買う、というのは合理的かと言われたらそうではありません。日々少しずつ動作が遅くなっていく機会損失を考えると多少のお金を出しても損ではないと断言します。壊れた時に致命的なダメージを負うかもしれませんし。

拡張性の高いデスクトップはパーツを入れ替えたり追加したりしてやりくりできますが、メモリ増設すらできない完全パッケージ化されたMacBookはカジュアルに買い替えるのがパフォーマンスが高いと考えます。

私は重い作業をガリガリやるわけではないので今回発表されたMacBook Proはスルーですが、欲しい方はすぐ買って優れた生産性を手に入れた方がいいですよ。

服とか他の家電とはちょっと違います。買い時を探している人、買い替えのタイミングを計っている人は発売直後にチェックするのがおすすめ。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


Mac
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて