最新ブログ iOS10.3アップデート前は必ずバックアップを。不具合があるとiPhone文鎮化やデータ消失の恐れ


iPhone7とiPhone7 Plusどっちか迷う方へ。カメラやメモリでなく本体サイズで選ぶのがおすすめ

iPhone

iPhoneSE

iPhone7とiPhone7 Plusのどっちにするか迷っている方はカメラ機能やメモリ等のスペックではなく本体サイズで選ぶのがおすすめですよ。スマホの選び方のコツをお教えします。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


iPhone7とiPhone7 Plusの選び方。どっちがおすすめ?

iPhone7とiPhone7 Plusが盛り上がっていますね。私は迷いなくiPhone7を予約しました。新色のジェットブラックがあれば選んだのですが、残念ながら32GBモデルはジェットブラックがないんですよね。意味不明。なので普通にブラックを予約。

iPhone7は4.7インチ、iPhone7 Plusは5.5インチ。すでにiPhone6やiPhone6s Plusを持っている人はサイズ感がわかっていると思いますが、初めてこのサイズのスマホを買う場合「iPhone7とiPhone7 Plusのどっちにしようか迷う〜」という方も多いはずです。

しかしガジェットマニアやサブ端末選びなら迷うのはわかりますが一般人がメインで使うスマホを探しているなら迷う必要はありません。どちらか決めかねている人はこのままお読みください。性能的な違いが知りたい方はiPhone7・7 PlusとiPhone6s・6s Plusは何が違う?スペック比較をどうぞ。

 

iPhone7 Plusはカメラがイイ。メモリも3GBの可能性あり

iPhone7とiPhone7 Plusの違いはカメラです。iPhone7 Plusは2つのレンズを搭載したデュアルレンズ仕様。デジカメのように光学ズームが2倍まで可能。確かにこれはいいですね。

また二つのレンズの差を生かしていわゆる一眼レフカメラのような「ボケ」を表現した画像が作れるらしいです。あれ楽しいですよね。なんか上級者っぽい写真が簡単に撮れますし。

で、これはまだ確定情報じゃないのですがメモリが3GB搭載されている可能性もあるとか。メモリは電子機器内の作業スペースなので、これが多いとフリーズしたり動作が遅くなったりする事が少なくなります。

 

iPhone7を選んだ理由は?

しかしiOSの動作にメモリは2GBで十分ですし、3GB搭載されているからと言って体感できません。仮にiPhone7 Plusにだけ3GBメモリが搭載されているとしたら、それは特徴であるデュアルレンズのカメラ機能が重いからでありiPhone7には不要という事です。

どうしても2倍ズームとボケ撮影がしたい!という方はiPhone7 Plusで決まりなのですが、それより何より考えるべきは単純な本体サイズ。

私は複雑な事情でスマホを大量に所有しています。Suica機能を試したいという理由だけで一番安いiPhone7 32GBを購入しましたが、仮にメインで使うつもりだったとしてもiPhone7を選んでいたでしょう。5.5インチは私にとって論外だったからです。

 

手に合わないサイズのスマホはただのゴミ

ちなみにトップの画像はiPhoneSEとiPhone6sです。イメージ画像です。これらは4インチと4.7インチ。

私は寝転がった状態で片手操作がしたいので4インチのiPhoneSEをメインで使っています。4.7インチのiPhone6sはギリギリで左上に親指が届かない事があるので2軍に収まっています。

私の知り合いで6インチのNexus6をメインスマホとして常用している人がいるのですが燃やしたいと言ってました。つまり失敗です。

でも世の中には6インチ、もっと言えば6.4インチのXperia Z ultraなんかが最高という人もいます。要はスマホの最適なサイズは人/ライフスタイルによって異なるんです。

4.7インチのiPhone7と5.5インチのiPhone7 Plusの選び方の答えとしては、自分の手で触ってみて感触が合った方を買うのが正解となります。

 

手が小さいから4.7インチのiPhone7がいいとも限らない

手に合うかどうかはともかくとしてライフスタイルとはどういう事なのか。一番わかりやすいのがどう持ち運ぶのか、どこで活用するのかですね。

女性で手が小さいからiPhone7が正解かと言うとそうではありません。4.7インチでもどうせ両手で操作するならいっそ5.5インチの方が見やすいかもしれませんし、ジーンズのポケットではなくカバンに入れるならサイズが大きくても邪魔にならないかもしれません。

逆に男性は4.7インチならギリギリ片手操作でいけるかもしれませんしジーンズのポッケに入るかもしれません。あるいはスーツで車移動がメインなら胸ポケットに入れる、車内ではカーナビとして使うから5.5インチの方がいいかもしれません。

高齢者であれば5.5インチの大画面は電子書籍が読みやすいかもしれませんし、188gが重く感じたなら4.7インチのiPhone7の方がジャストかもしれません。

手の大きさだけでなく、性別・年齢を考えた総合的なライフスタイルに合うスマホ。それを決める要素はスペックではありません。

 

使いやすいスマホを選ぶのが一番です

スペックや機能は確かに重要な要素です。しかし安定して動作する一定のレベルをクリアしているならば優先すべきや使いやすさ・操作性・取り回しのしやすさです。

なんか大きい、なんか小さいと購入後に不満を感じているユーザを何人も見てきました。手に合わずに落として画面を割るユーザを何人も見てきました。

スマホは毎日使うもの。操作性や取り回しがダメだと毎日ストレスを感じる事になります。4.7インチと5.5インチのスマホは個人的には比べる要素がないレベルの別製品です。

iPhone7はまだ発売前で展示されていないので、現在店頭に出ているiPhone6sとiPhone6s Plusを触ってみて下さい。重量はわずかに違いますが寸法はiPhone7・iPhone7 Plusと全く同じです。

私はスマホを販売して生活していますがまず外した事はありません。iPhone7シリーズは日本では爆売れ確定。すでに殺到していますが、欲しい方は早めに予約をどうぞ。変なオプション契約や頭金がないオンライン予約がおすすめです。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


iPhone
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて