最新ブログ セブ島で松田大夢くんと会ってバジャウ族のツアーに参加してきました


iPhone6sの容量は16GB・64GB・128GBのどれがおすすめか

iPhone

iPhone6s

iPhone6sとiPhone6s Plusの容量を16GB・64GB・128GBで迷っている人におすすめの容量をご案内。カメラの性能が上がっている点に注意。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


iPhone6sの容量は16GB・64GB・128GB

一つ前のiPhone6から32GBが消えたのですが、今回も同じく16GB・64GB・128GBのラインナップです。実際の容量は10%ダウンの14GB・58GB・116GB程度と覚えておきましょう(これは業界の仕様なのでアップルが悪いわけではないです)。

32GBがなくなった分それくらいの容量を使っていた人は64GB以上を選ぶしかないので逆にわかりやすいですが、16GBで足りるかどうかが不安な人はこの記事を見ているはずです。

とりあえず価格は無視して容量の選び方のポイントをお教えします。

 

iPhone6sの容量の選び方、基本は16GBか64GB

かつて私はiPhoneの容量の選び方。16GB?32GB?64GB?で「初めてのiPhoneなら16GB一択」と案内していました。理由は16GBを選んで足りないと言っている人よりも32GBを選んで持て余している人の方が周りに多かったからです。

しかしラインナップに32GBが消えてiPhone自体のスペックも進化しました。具体的に言うとカメラの画素数です。

iPhone4Sから800万画素だったカメラもiPhone6sからは1200万画素。800万画素の時点で写真1枚3MB弱でしたがiPhone6sからはもっと増えるはず。

私はiPhone3GS時代から今までの6年間で6000枚の写真を撮っており、これで16.2GBの容量を食っています。

使い方としては積極的に撮り積極的に消すといったところ。半年に一回くらい撮り損ねを消す感じ。最初の一年でそんなに消すのもアレでしょうから、写真を結構撮りそうな方は64GBにしておくのが正解です。

逆に初めてiPhoneを買う、そんなに写真は撮らない、という方は今まで通り16GBがおすすめ。もちろん手持ちの音楽が大量にある場合はそれに合わせた容量選択が必要ですが。

 

128GBが必要な人は使い方が決まっている人

「勝手がわからないからとりあえず大きいの買っておけばいいんでしょ」という考えもありますし大きいに越した事はないのですが、ピンとこないのであればお金持ちでない限りは128GBは必要ありません。

128GBは基本的に今までスマホを使ってきた資産が溜まっている人です。アプリ、音楽、写真、動画、マンガの自炊など。全く素の状態から128GBを使うというのは相当珍しいです。

 

アプリの容量ってどれくらい?

アプリがどれくらいの容量かはモノによるとしか言いようがないですが、傾向として大きく容量を食うのはグラフィックがキレイなゲーム系です。つい最近出たFF7は1.7GBでした。

そういうものは大抵一度プレイしたら向こう一年間は起動しないようなゲームばかり。もし容量が一杯になったら消してもいいやつがきっと見つかるはずです。再ダウンロードは無料なので。

 

容量選びの結論

音楽や写真など移すデータは何も持ってない人→16GB

でも写真はたくさん撮りたい→64GB

手持ちの64GBじゃ足りない→128GB

iPhoneの容量は確かに一度買うと変更できませんがiPhoneは高値で売れたりキャリア側が下取りプログラムを実施していたりもするので、足りなかった場合は次に出るiPhone7を買う時に売るのもアリです。

 

動画の容量には注意!

以前私がハマったポイントの一つに動画の撮影があります。海外に留学していた時に結構な頻度で動画を撮ったのですが、iPhoneの動画は10分で1GBを軽く超えます。

iPhone1台で通算1時間の動画を撮ると16GBの半分が埋まってしまうので、こうした用途を考えている人は64GBにしておくといいかもしれません。

またiPhone6sとiPhone6s Plusで可能になった4K動画の撮影はさらに3倍の容量を食います。なんと10分で3GB超え。iPhoneで動画撮影をしたい方は128GBを買っておいた方がいいかもしれません。

要は完全にまっさらな状態からiPhoneを使い始めるライトユーザだけが16GBを選べばOKという事です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入する場合はオンラインが一番安く、かつ一番早く手に入ります。頭金がなく余計なオプションがつけられないのでPCデポ的な変な契約を押し付けられません。

iPhone7の場合、ドコモは999万ポイント山分けで抽選に当たればdポイントが77,777ポイント手に入ります。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


iPhone
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて