最新ブログ iOS10.3アップデート前は必ずバックアップを。不具合があるとiPhone文鎮化やデータ消失の恐れ


iPhone6sのCPU、サムスン製もTSMC製も性能はほぼ変わらず

iPhone

iPhone6s

iPhone6sとiPhone6s PlusのCPUであるA9は韓国サムスンと台湾TSMCの二社が製造していますが、どちらの性能もさほど変わりないとアメリカの調査機関が発表しています。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


iPhone6sのCPUはサムスン製とTSMC製の二種類

新色のローズゴールドが人気の新型iPhone「iPhone6s」「iPhone6s Plus」。機種によってはすぐに持ち帰りできるみたいですが基本的に予約が必要みたいですね。

CPUのA9は韓国のサムスン製と台湾のTSMC製の二つがありますが、少し前にこのCPUでバッテリー持ちが大きく違うと話題になった事がありました。

この度アメリカの第三者機関が調査したところ二つのモデルのバッテリーの違いは2%程度に留まったそうです。つまりそれほどの違いはなかったと。

 

Consumer Reportによる調査結果

調査は同じ条件で行われ、ひたすら通信をさせる実験とWebサイトを開きながら音楽を流し続ける実験で検証された様子。

携帯通信のテストでは、電波暗室の中で携帯基地局のエミュレータを使い、バッテリーが無くなるまで一定の出力で電波を出す実験を実施。

2つのメーカーによる違いは2%以内だったとのこと。

米Consumer Report、「A9」のメーカーによる差は「ほぼ無い」と結論

 
最初の検証では2%以内、後の検証では1%程度の違いに収束したとか。

パーツを複数社から仕入れるのはiPhoneのように大きな発注数がわかっているモデルとしてはおかしな事ではありません。ディスプレイなんかもそうだったりします。

今回のCPU「A9」は製造プロセス(物理的サイズです)が違うのが珍しいですが、何かアップル側の事情があったのでしょうか。

広告

 

CPUは選べないので気にしないのが一番

iPhone6s購入時に「台湾製のCPUが載った方を下さい」と言ってもできないので購入した方・これから購入する方は特に気にしないで大丈夫です。

「TSMC製だったら残り1%バッテリーが残って通信できたのに!」となる可能性もありますが、基本的にはそうなる前に充電しましょう。

それよりもiPhone6sとiPhone6s Plusでもスライドでアップグレードのバグが出ている様子が未だに検索されているので、ユーザとしてはそっちをどうにかしてほしいですね。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


iPhone
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて