最新ブログ シンガポールのリトルインディアで海月姫に出てきたフィッシュカレーを食す


iPhone5sとiPhoneSEのスペック比較。同じ4インチで何が違う?

iPhone

iPhone5s-32GB

iPhone5sとiPhoneSEのスペックを比較。同じ4インチモデルは2年半でどれだけ進化したのか違いをまとめました。性能はiPhone6sと同等。これは売れる。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

iPhone5sとiPhoneSEのスペック比較

iPhoneSE、発売日は3月31日。予約開始日は3月24日の通りiPhoneSEが発表されました。iPhone5sと同じく4インチサイズです。

4.7インチのiPhone6sや5.5インチのiPhone6s Plusと違い、片手で操作できる4インチのiPhoneSEは待ち望んでいた人も多いはず。私も確実に買います。

現在iPhone5sを使っているのですが、どれくらいスペックアップしたのか比較してみました。

iPhone5sとiPhoneSEのスペック比較
  iPhone5s iPhoneSE
初期OS iOS7 iOS9.3
CPU Apple A7
M7モーションコプロセッサ
Apple A9
M9モーションコプロセッサ
メモリ(RAM) 1GB 2GB
ディスプレイ 4インチ
1136×640

4インチ
1136×640
容量(ROM) 16GB
32GB
64GB
16GB
64GB
カメラ 800万画素
前面カメラ120万画素
1200万画素
4K動画撮影
Live Photos

前面カメラ120万画素
通信方式 Wi-Fi a/b/g/n
Bluetooth 4.0
Wi-Fi a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
LTE対応電波周波数 2100MHz Band1
1900MHz Band2
1800MHz Band3
1700/2100 Band4
850MHz Band5
900MHz Band8
1700MHz Band9
700MHz Band13
700MHz Band17
800MHz Band18
800MHz Band19
800MHz Band20
1900MHz Band25
800MHz Band26
2100MHz Band1
1900MHz Band2
1800MHz Band3
1700/2100 Band4
850MHz Band5
2600MHz Band7
900MHz Band8
700MHz Band12
700MHz Band17
800MHz Band18
800MHz Band19
800MHz Band20
1900MHz Band25
800MHz Band26
700MHz Band28
Band38(TD 2600)
Band39(TD 1900)
Band40(TD 2300)
Band41(TD 2500)
指紋認証 Touch ID(旧) Touch ID(旧)
バッテリー容量 1,570mAh
最大14時間連続通話
最大11時間ネット接続
最大11時間動画再生
最大50時間オーディオ再生
最大10日間連続待ち受け
追記予定
最大14時間連続通話
最大13時間ネット接続
最大13時間動画再生

最大50時間オーディオ再生
最大10日間連続待ち受け
重量 112g 113g
サイズ 横58.6mm
縦123.8mm
厚さ7.6mm
横58.6mm
縦123.8mm
厚さ7.6mm
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ローズゴールド
SIMカード Nano SIM Nano SIM

 

CPUはiPhone6sと同じA9

iPhoneSEは廉価版で最新機種であるiPhone6sのスペックからは落ちるかもしれないと思っていましたが、CPUはiPhone6sと同じApple A9とM9モーションコプロセッサを搭載。きっちり2世代分パワーアップしています。

メモリは追記予定ですが1.5GBから2GBと予想されています。2GB積んでいたら嬉しい。

 

カメラは1200万画素。4K動画撮影やLive Photosにも対応

iPhone5sから画素数も向上、写真を数秒の動画形式で保存できる「Live Photos」にも対応。動画は4K画質での撮影に対応。これもiPhone6sと同等の性能です。

インカメラが500万画素とキレイになっているのはいいですね。800万画素から1200万画素はあまり変わりませんが、120万画素から500万画素は結構違います。

すみませんiPhone6sと間違えてました!iPhoneSEのインカメラはiPhone5sと変わらず120万画素です。表は修正済みです。

 

iPhoneSEのバッテリー持ちはiPhone5sと比べ改善されている

私の使っているiPhone5sは2年経過してバッテリーが劣化している部分もありますが1日持たなくなってきました。特に20%を切ってからの電池の減りの早さは異常。

4インチのiPhoneという事で大容量のバッテリーは積めませんし、おそらく容量自体は大して変わらないはずです。しかしiPhoneSEはバッテリーの持ちが改善されており動画再生時間とネット接続時間がそれぞれ2時間も増えています。

 

Touch IDは第一世代。iPhone5sと同等に

指紋認証システムであるTouch IDは第一世代(iPhone5s・iPhone6)と第二世代(iPhone6s)がありますが、残念ながら第一世代の様子。

ロック解除などに使う指紋認証のスピードは確かに第二世代の方が早いです。ただ私はそこまで活用していなかったので大きな問題ではない感じ。

 

LTEの電波周波数はBand41が追加に

iPhoneSEではiPhone5sでは非対応だったBand41の2500MHzに対応しています。ドコモは無関係ですが、auとソフトバンクであればそれぞれWimax2+とAXGPが使えるように。VoLTEにも対応。

Band28の700MHzにも対応となりましたがこちらはまだ本格的に運用されていない様子。とはいえ電波を吹き始めたらこれも使えるという事ですね。Wi-Fiもacに対応したので家のルータによっては高速通信が可能に。

 

iPhoneSEには32GBモデルと128GBモデルがない

本体容量は賛否がありそうです。iPhone5sでは16GB・32GB・64GB、iPhone6sでは16GB・64GB・128GBと3つのラインナップでしたがiPhoneSEでは16GBと64GBの二択に。

昔と違いカメラの画素数も増えていますし、保存容量的にはそろそろ16GBを無くしてもいいのではないかと思っていたのですが32GBがなくなりました。128GBがないのも人によっては困るかもしれません。基本的には64GBを選ぶのがおすすめ。

 

カラーはローズゴールドが追加に

iPhone6sで初めてお目見えしたローズゴールドがiPhoneSEにも追加になりました。またこの色だけ品薄になる予感。

本体サイズはiPhone5sと全く同じですね。重量は1g増えていますが画像を見る限りケースの流用なども問題なさそうです。

広告

 

iPhoneSEの予約は3月24日から!

正直いう事なしです。iPhone6sに搭載されている3D Touchは非搭載ですがアレを便利に思った事がないのでノープロブレム。4インチを待っていた方はまず買ってOKですね。32GBがなくなりましたが私は今現在32GBを使ってきてギリギリなので64GBにします。

4インチを待っていた人がどれくらいいるかはわかりませんがこれは爆売れの予感。予約は明後日の3月24日からスタートです。どの容量を買うか、どの色が欲しいか決めておきましょう。その間にiPhoneSEとiPhone6sどっちがいい?iPhoneの機種の選び方も読んでおくといいですよ。

SIMフリー版が欲しい人はアップルオンラインストア、ドコモ・au・ソフトバンクで買いたい人はそれぞれの公式サイトをどうぞ。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


iPhone
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて