最新ブログ フリーザー・ルギアなど伝説レイドボスの倒し方。弱点を突けるポケモンを回復させて戦おう


エルニドでおすすめの宿とホテルの決め方。格安のバックパッカーも

旅行・ホテル

エルニドの村

エルニドのホテルは村の外れのバックパッカー、メイン通りのホテル、ゴージャスな離島と大きく分けて3タイプ。一人旅の私は激安なバックパッカーを選びましたがここもおすすめ。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


エルニドでおすすめの宿。安いバックパッカーもあります

フィリピンに浮かぶパラワン島のリゾートであるエルニド。日本からはマニラ経由で行けますがフィリピン自体の物価が安いので海のキレイなリゾートでも安い航空券さえ取れれば驚くほど低価格で楽しめます。行き方はマニラからエルニドへの行き方。プエルトプリンセサからバンに乗ろうをどうぞ。

航空券も重要ですが旅行には宿が必要。エルニドは小さな村なので選択肢もあまりないのですが、タイプによって3つに分かれるので目的に応じて決めればいいです。私は貧乏旅行だったのでGoogle Mapにすら出ていない道を通る民家のエリアに泊まりました。

 

エルニドのホテルは3タイプ

3タイプと言っても私が勝手に分類しているだけですが、ざっくり言うと僻地にある激安宿・メイン通り近くの普通のホテル・贅沢に離島に滞在の3つです。

格安のバックパッカー

私の泊まったエル ゴルドズ アドベンチャー & ゲストハウス(El Gordo’s Adventures and Guesthouse)はここにあります

 
右下にメイン通りがありますがそこからは満潮時には道幅が狭くなりそうなローカルエリアを通っていきます。海は干潮時には歩けるようになるのでそこから撮った写真がこちら

エル ゴルドズ アドベンチャー & ゲストハウス

 
うーん木製。ここらへんの民家はみんな木でできています。部屋の中はまとも

エル ゴルドズ アドベンチャー & ゲストハウス

 
二階から

エル ゴルドズ アドベンチャー & ゲストハウス

 
ベッドには蚊帳がついています。個室・2人部屋・4人部屋の3つがあり、私は4人部屋に泊まりましたが一日500ペソでした。1,500円いかないくらい

エル ゴルドズ アドベンチャー & ゲストハウス

 
朝食は200ペソくらいで気の利いたものを作ってくれます。フルーツとパンケーキがうまい。常にクッキーが食べ放題でコーヒー・お茶・水も汲み放題です

エル ゴルドズ アドベンチャー & ゲストハウスの朝食

 
道はGoogle Mapに出ていないのですが雰囲気でわかります。バスケットコートを抜けて桟橋を左に折れると覚えておきましょう。この家を曲がればOK

満潮時のエルニドの村

 
干潮時は歩くこともできます

干潮時のエルニドの村

 
村の中は一件しかないカラオケ屋で子供から大人まで遊んでいます。私も歌わせられました。みんな歌がうまい

エルニド村にあるカラオケ

 
冷やかしに行ったら酒を奢られました。EMPERADORとかいうバーボン?弱い私はすぐにグロッキーに

EMPERADORというアルコール

 

町の中の普通のホテル

僻地や安すぎる宿はなんかちょっと…という方は街中にあるホテルにしましょう。場所的にはこのあたり

 
周りに店があるので一番利便性が高いのはこのエリア。旅行者が必ず立ち寄る総合案内所Art Cafeもレストランもマッサージ屋もあります。そこらへんで1本10ペソの焼き鳥を買い食いしましょう

10ペソくらいで焼き鳥を買い食い

 
またエルニドのマッサージは激安です。どこに行っても全身1時間で400~500ペソ。私は行ったタイミングが良かったのか300ペソでやってもらいました。日本円にすると900円以下

エルニドのマッサージは激安!

 
海の前にはオープンな飲み屋があり砂浜に座席ができています。昼間はこんな感じですが

浜辺の目の前の店が人気

 
夜になるとローカルピープルと欧米人の旅行者で賑わいます。夜に遊びたいならこのエリアで決まり。

この中心部は先に紹介した激安宿から歩いて15分ほどで行けるのでそういう意味ではバックパッカーを選んでも大丈夫。夜は灯りがなく岩場を歩く事になるのでオーナーから懐中電灯を借りましょう

夜はこんな感じに

 

ミニロックやラゲン、パングラシアンなど離島に宿泊

エルニドをゴージャスに楽しみたいならこれ一択。カップルで来ていた日本人も見ました。思い返すとエルニドで日本人を見たのはこの一組だけ、どこに行ってもいる中国人も韓国人もいませんでしたね。

エルニドの海

 
離島の宿泊はお値段が高く町に気軽に行けるわけでもないので過ごし方が変わりますがそこは目的によりけり。離島自体はツアーで訪れる事ができますがやっぱり宿泊となると雰囲気も格別でしょう。なんせ離島の海はキレイですからね。

アプリット島だけは地理的に離れているのでちょっと計画が必要かもしれません。ミニロック島はアイランドホッピングのツアーで行けます。そしてラゲンとパングラシアン。高級リゾートです。

 

エルニドのホテルの決め方

とにかく安くローカルな雰囲気を楽しみたい人。一人旅→Google Mapに道が出ていないエル ゴルドズ アドベンチャー & ゲストハウス(El Gordo’s Adventures and Guesthouse)

ラグジュアリーで高級感あるリゾートを楽しみたい人。カップル旅→離島のラゲン・アプリット・パングラシアンまたはミニロック

町で遊びたいけど安すぎるバックパッカーはちょっと。家族連れ→エルニド市内の普通のホテル

 
エルニドのホテル事情はこんな感じ。私は3泊4日の日程でしたが、到着日と出発日を除いた二日間は朝からアイランドホッピングツアー→昼過ぎに戻ってきてシャワー→夕方に買い食いしながら町を歩いてマッサージ→夜はレストランやバーで遊ぶという生活をしていました。

フィリピンの秘境と言われているエルニド。ぜひ行ってみて下さい。

同じ航空券でもここから買うと安くなるって知ってました?ブックマーク推奨。

高級ホテルだけじゃない。バックパッカーや安宿も最安値保証!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


旅行・ホテル
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて