最新ブログ ネタバレあり、古典部シリーズ氷菓の最新作「いまさら翼と言われても」感想・レビュー


ハイレゾとは?話題のハイレゾリューションまとめ。ダウンロードサイトも

ねこ

ハイレゾリューション、通称ハイレゾ。高解像度という意味ですが音楽で高解像とはどういう事でしょう。ハイレゾ音源がダウンロード購入できるサイトのまとめや対応機器の紹介も。

広告


ハイレゾとは?

最近流行の兆しを見せつつある音楽ファイルです。MP3とか聞いた事があるかと思いますが、アレの仲間でもっと音質がいいデータの事。

ハイレゾとは、PCM24bit、あるいはDSD1bitなどの、CDを圧倒的に上回る情報量を持つ音楽データです。High Resolution の略ですが、そのまま日本語に訳すと高解像という意味になります。

つまり、CDに比較して格段に細やかな音の表現ができる音楽データを指します。映像で例えると、ブラウン管テレビの映像とフルHD液晶テレビの映像を比較した場合、「俳優の顔のシワが良く見える」「風景が鮮やかになった」「映像の奥行きが増した」という感覚に近いでしょう。

e-onkyo

 

要はCDよりキレイな音楽データ。数字で表すとCD音源はサンプリング周波数が44.1kHzでビット数が16bitですが、ハイレゾ音源は48kHz/24bit・96kHz/24bitなど。

小難しい事は考えず、なんとなくパワーが強くてその分容量も大きい贅沢ファイルと思っていればOKです。

フォーマットとしてはFLAC、ALAC、WAV、AIFF、DSDなど。MP3やAACなど一般的なものはデータ量を削減するため圧縮時に一部の音をカットしています。

 

ハイレゾ音源を”聴く”為に必要なもの

ハイレゾ音源を聴く、それだけならば特別なハードは必要ありません。全てはソフトウェア、つまりデータをどうこうすれば聴けてしまいます。

ハイレゾ音源ファイル

ハイレゾ音源ファイルを再生できるソフト

必要なものはこれだけ。再生できるソフトさえ入れられればハードは何でもOK。後述する音源サイトからファイルを購入して再生するだけです。

iPhoneは標準のミュージックアプリでもWAVファイルなら再生できますし、ソフトさえ入れれば他の拡張子のファイルも聴けます。例えば下記のアプリ。

ONKYO HF Player 1.0.6(無料)
カテゴリ: ミュージック, エンターテインメント
(サイズ: 17.7 MB)

 

アプリ内課金で1,000円支払う必要がありますが、これでFLACなども再生可能になります。後はiTunes経由でファイルを入れるだけ。

WindowsやMacではVLCという無料ソフトを入れる事でFLACのファイルが再生できます。またiTunesでは元々WAVファイルの再生が可能。

ハイレゾ01

 

対応という言葉の語弊

ではなぜ世間では対応のハード(ポータブルプレイヤーやアンプなど)が売られているのでしょうか。それは”対応”という言葉に語弊があるからです。

一般に言う”対応”とは「その力がなくては実行できない」という意味合いで使われます。「iPhone4はLTEに対応していない」と言われればそれはLTEが使えないという意味。

しかしここで言う”対応”とは「その力がなくては性能を引き出せない」という意味になり、再生自体ができないわけではありません。

先の数値で言うと、96kHz/24bitのハイレゾ音源を対応していないハードで再生すると44.1kHz/16bitにパワーダウンしてしまったりするわけです。

 

ハイレゾ音源を”楽しむ”為に必要なもの

しかしそれだけではあまりハイレゾの意味がありません。今までに比べ多少クリアな音で聞こえるようになってもデータ量は数十倍かそれ以上。

ハイレゾ音源は無圧縮だったり圧縮方法が効率を求めていなかったりで非常に容量を食います。一曲で500MBのファイルだって珍しくありません。

このままだとデータ量の割に実入りが少ないと感じる事でしょう。そこで必要になってくるのが以下の機器達。

ハイレゾ対応ハード(外ならポータブルプレイヤー、中ならアンプやDAコンバータなど)

高品質のイヤホン・ヘッドホン

 

イヤホン・ヘッドホンの対応はまた別の意味

再生ハード、楽曲ファイル、そしてそれを聞くためのイヤホン・ヘッドホンに関して。

イヤホンやヘッドホンなどには「ハイレゾ対応」をうたっているものもありますが、これはマイナスイオンのようなものでソニーが勝手に言ってるだけです。

もちろん品質はいいのでしょうが「今までのイヤホンじゃ聞けない?」と心配する必要はありません。対応したハードで再生すれば今までのイヤホンでも違いを感じ取れるはず。

再生機器が対応していないと出力段階でダウンサンプリングされてしまうのでハイレゾの力が生かせませんが、イヤホンに関してはまずは何でも大丈夫。

更なる高音質を求める時は電気屋さんで視聴して気に入ったイヤホンを買えばOKです。

 

iPhoneはハイレゾに対応している?

ちなみにiPhoneはソフト的にはハイレゾ対応していますがハードが対応していません。

純正のミュージックアプリは96kHz/24bitのWAVを再生できますが、デジタル→アナログ変換時(イヤホンジャックから音を出す時)にCD程度の48kHz/24bitにパワーダウンしてしまいます。

しかしiOS7からはイヤホンジャックではなくLightning/Dock経由でUSB DAコンバータ(デジ→アナ変換機)に出力できる機能が追加されています。

要はiPhone側のDAコンバータが対応してないから外部のDAコンバータに繋ごうという事。うまくやればiPhoneでハイレゾ環境を構築する事も可能になりました。

 

手軽にハイレゾを楽しむ為には?

結局ハイレゾを楽しむには何を買えばいいのかと言うとポータブルプレイヤーを買って今までのイヤホンで聴くのが一番お手軽です。

いきなり据え置きのアンプやUSB DACなどを購入するのは敷居が高いですし、家の中ならスピーカーも欲しいでしょう。またポータブルアンプは数万円で買えますが、聴く時にスマホと繋いでさらにイヤホンを伸ばすというのはかさばって面倒です。

基本的には一台で完結、家出も出先でもそこから聴くだけで楽しめるポータブルプレイヤーがおすすめ。

最初の一台におすすめなのがこちら。16GBだと24,000円ほどですが、1曲数十MB〜数百MBの容量があるハイレゾを聴くとなるとどれくらい入るかは逆算する必要があります。

ハイレゾを聴く目的であれば最低でも32GB、出来るだけ大きなモデルがおすすめ。または欲しい楽曲がどれくらいの容量なのかを事前に調べておきましょう。

 

NW-ZX1はとても高評価

そしてここで出てくるのが現在話題沸騰中のポータブルプレイヤー、ソニーの「NW-ZX1」。ネットでは絶賛されています。

ポータブルでありながら本体に高品質なコンバータやアンプを積んでいる事で、ハイレゾでないMP3やAACなど手持ちの音源も次元の違うクオリティで再生できると評判。

74,800円の定価でありながら飛ぶように売れているとか。売り切れ続出、年内に入手できればかなりラッキーという状況らしいです。

音質を上げる要素

家の中ならアンプやスピーカー、大掛かりなサラウンドシステムの構築など。マニアになると伝送ケーブルにまでこだわるそうです。

外ならポータブルオーディオプレイヤー(今回のNW-ZX1)、イヤホンorヘッドホン、ポータブルアンプなど。

やはり家でも外でも聞ける手軽なポータブル機が流行ですが、iPodtouchやスマホのように総合的な機能が重視されている事から音質を決め手として選ぶ人は多くないはず。

しかし今回ソニーが出した「NW-ZX1」はAndroidでありながら最高の音質を追求したという尖った機種なのです。

なんとなくハイレゾ音源やその再生機器の関係がお分かりいただけたでしょうか。

 

ハイレゾ音源ダウンロードサイト

ハイレゾ音源は容量が大きいのでネットで購入するしかありません。以下にハイレゾ音源のダウンロードサイトをまとめておきます。

国内

12月16日からは「戦場のメリークリスマス」の配信も始まります。アニソンが多め

邦楽中心。が、ハイレゾ音源はちょっと少なめ

バランスよく取り揃えられておりハイレゾ音源も多数。12月18日からはエヴァのサントラがハイレゾ配信されます

海外

広告

ハイレゾ、今後の流行に期待

ハイレゾはまだまだ音源も少なく再生ハードは相対的に容量の小さいものばかり。しかし音源が増えて値段もこなれればその魅力にハマる人はたくさん出てくるかもしれません。

容量に関しては劇的に小さくなる事はないので、大容量HDDに入れて家で聞いたり、お気に入りの曲だけをポータブルデバイスに入れて聞くというスタイルになると思います。

時代に逆行した大容量高音質のハイレゾ。私ももう少し値段がこなれたら何かしら買ってみようかなと思っています。まぁ聞くのはアニソンですが。。

オーディオはなんとなく専門知識もいりそうだし、どんな機器が必要かもわからないし、とどうも敷居が高い感じがありますよね。

今回ソニーの発表したNW-ZX1はあとは好みのイヤホンがあればそれだけで最高の環境とかなりの高評価。

家電量販店に行った際にはぜひ御視聴を!

アマゾンにクーポンがある事は意外とみんな知らない

Amazonクーポン 食料品も日用品も安い!

楽天だって毎日タイムセールをやっていますよ

楽天タイムセール 毎日19:00から。昼にチェックしておこう!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スマホ・パソコン周辺機器
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて