最新ブログ シンガポールのリトルインディアで海月姫に出てきたフィッシュカレーを食す


完全防水!OmakerM5はアウトドアやお風呂場におすすめのBluetoothスピーカー

OmakerM5

完全防水のBluetoothスピーカー「OmakerM5」のレビューです。大型で重低音のあるスピーカー搭載なのでお風呂場にもおすすめ、カラビナつきなのでアウトドアにもGood。IP7Xの防水等級は水深1mに30分沈めても大丈夫。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

OmakerM5は完全防水のBluetoothスピーカー

以前防水のBluetoothスピーカーは色々な場面で使えておすすめという記事でOmakerM4という製品を紹介したのですが、後継機種を頂いたのでレビューです。

型番的にも次の機種だと思うのですが、本体サイズが2倍になっているので活用シーンに違いが出てくるかもしれません。そして防水性能は大幅にパワーアップ。アウトドアやお風呂の利用に最適。

Omakerさんからは色々な製品をプレゼント頂いてますがうちは気になったところはきちんと消費者目線で説明します。それを差し引いても優秀な製品が多いのはさすがですね。

 

OmakerM5の大きさや中身

製品名はOmakerM5。箱の中には充電ケーブル、スピーカーケーブル、カラビナ。下の小銭入れはサイズ比較です

OmakerM5の内容物

 
完全防水なのでアウトドアにも相性抜群。カラビナをつけられる部分は柔らかいゴムパッキンにような素材。ちなみに水に浮きます

OmakerM5はカラビナつき

 
裏側には充電ケーブルの穴。スピーカーケーブルでスマホと有線接続も可能。もちろんここも防水

OmakerM5のパッキン

 
ボタン類。電話マークは電話に出る事もできますし、再生中に押すと音質モードが変化します

OmakerM5のボタン

 
完全防水で水に浮く、カラビナつきで外に持ち出せる、ステレオスピーカーで音質も十分という高機能モデルです。IP7Xという高い防水等級はBluetoothスピーカーにしては珍しいですね。

 

OmakerM5の音質

Bluetoothの接続は非常に簡単で、本体の電源をいれスマホ側のBluetoothをオンにすれば認識します。タップすればそれで接続完了。

さすがにステレオスピーカーという事で重低音には迫力があります。音量的には前モデルのM4でも十分ですが、ズシっと響くサウンドと言えば間違いなくこちら。

というかちょっとこちらは音が大きすぎるかな。家の中でしか試していませんが、スマホ側でMAXにするまでもなくかなり大きな音でした。

 

本体サイズとボタンの押しづらさがネック?

音質的には全く問題がありませんが、強いて言えば本体サイズと重量は人によっては「デカイ!重い!」と感じるかもしれません。具体的に言うと長財布と同じサイズ

OmakerM5の大きさ

 
厚みは8cm、本体重量は490g。500mlのペットボトルより軽いので持ち運びにも問題はありませんが多少かさばるのは否めません。

ただ大きさは迫力のあるステレオスピーカーが理由なので迫力のある音というメリットになりますし、カラビナがついていて防水なのでリュックサックの外につけるのもいいですね。外国人がやってそう。

あとはややボタンが押しづらい感じがありました。ポケットに入れて手探りで使うものではないので目で見てしっかり押せばいいのですが、もう少しクリック感みたいなものがあるともっと良かったかな。

 

大型スピーカー搭載にしてはコストパフォーマンス高し

普通これくらいの大型スピーカーを搭載しているBluetoothスピーカーは7,000円くらいするものですが、OmakerM5は完全防水で5,000円台とかなりお安め。

というかOmaker自体が高品質なアイテムを安価に出しているおすすめのメーカーです。中国メーカーらしくAmazonの商品説明は日本語がおかしいですが、品質はとてもいいですよ。

アマゾンにクーポンがある事は意外とみんな知らない

Amazonクーポン 食料品も日用品も安い!

楽天だって毎日タイムセールをやっていますよ

楽天タイムセール 毎日19:00から。昼にチェックしておこう!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スピーカー・イヤホン・ヘッドホン
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて