最新ブログ セブ島で松田大夢くんと会ってバジャウ族のツアーに参加してきました


ZenFone GoとZenFone Maxのスペック比較。バッテリー持ちか安さか

スマホ・Android

ZenFone Go

ZenFone GoとZenFone Maxのスペックを比較しました。同じ5.5インチのSIMフリーAndroidですが価格とバッテリーの持ちが違います。電池容量が3000mAhでいいならZenFone Goがおすすめ。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


ZenFone GoとZenFone Maxのスペック比較

ASUSが数日前にZenFoneシリーズの新モデル「ZenFone Go」を発表していましたが記事にするのを忘れていました。今更ながらまとめ。

ASUSは今月頭にも「ZenFone Max」というバッテリー容量5000mAhのSIMフリーAndroidを発表しています。ZenFone MaxについてはZenFone Maxのスペック。3万円で5000mAhバッテリーの5.5インチSIMフリースマホをどうぞ。

ZenFone GoとZenFone Maxのスペック比較
  ZenFone Go ZenFone Max
初期OS Android5.1.1
(Lollipop)
Android5.0.2
(Lollipop)
CPU Qualcomm Snapdragon 400
1.4GHz
Qualcomm Snapdragon 410
1.2GHz
メモリ(RAM) 2GB 2GB
ディスプレイ 5.5インチ
1280×720
5.5インチ
1280×720
容量(ROM) 16GB 16GB
カメラ 800万画素
前面カメラ500万画素
1300万画素
前面カメラ500万画素
通信方式 Wi-Fi
b/g/n
Bluetooth 4.0
Wi-Fi
b/g/n
Bluetooth 4.1
対応電波周波数 4G LTE
2100MHz Band1
1800MHz Band3
850MHz Band5
800MHz Band6
2600MHz Band7
900MHz Band8
1700MHz Band9
800MHz Band18
800MHz Band19
700MHz Band28
2600MHz Band38
3G W-CDMA
2100MHz Band1
1900MHz Band2
850MHz Band5
800MHz Band6
900MHz Band8
800MHz Band19
2G EDGE/GSM
(1900/1800/900/850)
4G LTE
2100MHz Band1
1800MHz Band3
850MHz Band5
800MHz Band6
900MHz Band8
1700MHz Band9
800MHz Band18
800MHz Band19
700MHz Band28
3G W-CDMA
2100MHz Band1
1900MHz Band2
850MHz Band5
800MHz Band6
900MHz Band8
800MHz Band19
2G EDGE/GSM
(1900/1800/900/850)
バッテリー容量 3010mAh 5000mAh
重量 160g 202g
サイズ 横76.9mm
縦151mm
厚さ10.7mm
横77.5mm
縦156mm
厚さ10.6mm
ブラック
ホワイト
ブルー
ブラック
ホワイト
SIMカード Micro SIM
Micro SIM
Micro SIM
Micro SIM
税込み価格 21,384円 30,024円

 

ZenFone Goの性能はミドルレンジ

CPUは少し古いですがメモリが2GBあればまず普通に動きます。3Dのゲームなど重いアプリを動かさない限り基本的な操作に問題はないでしょう。

最近のミドルレンジスマホは国産も海外産も安くて優秀ですね。これからAndroidを選ぶ人はどんなに安くてもメモリが1GBの機種とLTEに非対応の機種は選んではいけないと覚えておきましょう。

なお同シリーズとして比較しましたが、よりスペック的な意味で近いのはZTE Blade V580の方です。CPUがパワーアップし画面がフルHDになったもの。もう9,000円出せるならこっち。

 

カメラは800万画素。問題なし

カメラの画素数ではZenFone Goは負けています。CPUのSnapdragon400は1300万画素に対応していないので仕方ない話。

ですが問題は何もありません。そもそも画素数は撮った写真を大きく引き伸ばさない限り画質に関係がないですし、800万画素くらいの方がデータ量も大きくならずに済むので。

 

デュアルSIM対応。格安SIMで通信しよう

最近はほとんどのAndroidが対応してきましたが両スロットLTE対応のデュアルSIMです。これがあるとルータ的な使い方のサブ機として活躍するのでなお良し。詳細はデュアルSIMのスマホの使い方。LTE対応で切り替え可能な機種を選ぼうを。

対応の電波周波数は増えていますが、全て日本に無関係のものなので無視していいです。海外に行った時に役立つ場面が出てくるかも?格安SIMの比較をしたい方は人気の格安SIMとおすすめのMVNOを比較。最新のキャンペーン情報もの人気ランキングをどうぞ。

 

バッテリー容量は3010mAh。十分です

Zenfone Goのバッテリー容量3010mAhは決して小さくありません。まず必要十分です。大きいに越した事はありませんが、利点として重量が40g以上軽くなっている点に注目。

5000mAhのバッテリーを持つZenFone Maxはまた違ったライフスタイルの人には便利でしょうが、一般的に言えば基準を満たしていると言っていい容量です。軽い方がありがたい人もたくさんいるはず。

 

5.5インチが大きすぎる人はFREETEL雅かPriori3S LTEがおすすめ

価格とスペックのバランスは非常に良いですが、5.5インチはやっぱり大きすぎる!という人には5インチのFREETELの雅かPriori3S LTEをおすすめします。

雅はバッテリー容量は落ちますが処理性能もアップし本体容量も32GBに。Priori3S LTEはバッテリーが4000mAhで価格も更にお安く。私はどちらも持っていますが、Androidは5インチくらいがちょうどいいかな。

広告

 

発売日は4月2日。公式サイトで予約キャンペーン中

ZenFone Goはすでに予約が始まっています。発売日は4月2日。またZenFone Maxと同じく公式サイトで実質的な割引キャンペーンをやっています。

売っているのはスマホ単体ですが予約特典としてIIJmioのSIMカードがついてきます。通常3,240円かかる初期費用が無料。更にMicro SDカードと純正の液晶保護フィルムもセットに。

価格は21,384円ですがスペックや特典を考えるとコストパフォーマンスが非常に良く誰にでもおすすめできるSIMフリースマホとなりそう。5.5インチの画面サイズに問題がなければGo!

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スマホ・Android
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて