最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


XperiaXZとXperiaX Performanceのスペック比較。au・ドコモ・ソフトバンクの価格まとめ

スマホ・Android

XperiaXZと前モデルに当たるXperiaX Performanceのスペックを比較。基本スペックは据え置き、バッテリーがやや増えディスプレイサイズが5.2インチとなり充電ポートはUSB Type-Cに。au・ドコモ・ソフトバンクの価格とキャンペーンもまとめています。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

XperiaXZと前モデルのXperiaX Performanceのスペック比較

Xperiaシリーズの最新モデルXperiaXZ。今までの「XperiaZ」シリーズから新ブランドの「XperiaX」シリーズに移行し、6月に発売されたのがXperiaX Performanceです。

私も試用レポートを記事にしました。詳細はXperiaX Performanceのカメラ性能は?iPhoneSE・Nexus5Xと写真の比較などをどうぞ。

で、書いた通り最新機種の名前はXperiaXZです。もうXだかZだかわかりませんね。もしかして次のモデルはXZ1とかXZ2になるのでしょうか。ちょっと整理した方がいいと思います。

前モデルであるXperiaX Performanceと何が変わったのかスペック比較してみました。左がXZ、右がXPです。XperiaX Compactについてはドコモ限定のXperiaX Compact SO-02JとXperiaZ5 Compactのスペック比較をどうぞ。

XperiaXZとXperiaX Performanceのスペック比較
  XperiaXZ XperiaXP
OS Android 6.0
(Marshmallow)
Android 6.0
(Marshmallow)
CPU Snapdragon 820
(MSM8996)
2.2GHz クアッドコア
Snapdragon 820
(MSM8996)
2.2GHz クアッドコア
メモリ(RAM) 3GB 3GB
ディスプレイ 5.2インチ
1920×1080
5インチ
1920×1080
容量(ROM) 32GB+Micro SD 32GB+Micro SD
カメラ 2300万画素
1/2.3インチセンサー
1300万画素インカメラ
2300万画素
1/2.3インチセンサー
1300万画素インカメラ
指紋センサー 搭載 搭載
バッテリー容量 2900mAh 2700mAh
重量 161g 165g
サイズ 横72mm
縦146mm
厚さ8.1mm
横70.4mm
縦143.7mm
厚さ8.7mm
ミネラルブラック
プラチナ
フォレストブルー
ディープピンク
ホワイト
ブラック
ライムゴールド
ローズゴールド
防水・防塵 防塵IP6X
防水IPX5/8
防塵IP6X
防水IPX5/8
TV視聴 フルセグ・ワンセグ フルセグ・ワンセグ
おサイフケータイ
SIMカード Nano SIM Nano SIM
充電ポート USB Type-C Micro USB

 

XperiaXZと XperiaX Performanceの違い

以下がスペックシートの違いを羅列したもの。正直そこまで変わってないです。CPU・メモリ・画面解像度は据え置き。またフルセグ・ワンセグとおサイフケータイは日本版だけの対応です。

 

処理性能に問題はないけどメモリは4GB積んで欲しかった

CPUがパワーアップしていないのは仕方ないとして(Snapdragon820は現時点で世界最高クラスのCPU)、Xperiaシリーズのフラッグシップモデルとしてはメモリは4GB積んで欲しかったです。

Androidとはいえメモリは3GBあれば大抵の動作はサクサクですが、4GB搭載されていれば何の懸念もなかったのにといったところ。CPUが優秀なのでまず問題はないと思いますが。

評価できるポイントは画面サイズが大きくなったのに薄軽になり、にも関わらずバッテリー容量はアップしている点に尽きます。CPUは多分次モデルでSnapdragon821あたりが採用されるのではないでしょうか。

 

Xperiaシリーズの半年に一度のアップデートはサイクルが早すぎる

前モデルのXperiaX Performanceは今年の6月に発売されています。Xperiaシリーズは日本でAndroidスマホを買うならまず選択肢に入れていいブランドですが、半年に一度の製品サイクルは明らかに早すぎると思っています。

その意欲は買いますし実際製品だって決して悪くないのですが、最近は半年後の新製品で差別化が図れなくなってきている感は否めません。特にPerformance・XZはかつてのZシリーズとは違う新しいブランドラインにも関わらず。

XperiaXZはスマホとしての基本スペックはXperiaX Performanceと変わりません。実売価格がXZとXPで大して変わらなければXZがおすすめですが、基本的には値下がりが予想されるXperiaX Performanceをおすすめしておきます。

XperiaXZは5.2インチの割に薄軽、バッテリー持ちも多少良いという部分にメリットを感じる人におすすめ。辛口評価となりましたが、完全防水のXperiaはドコモ・au・SoftbankからAndroidスマホを買っている人はまず検討すべきスマホです。

2年契約のタイミングなどが合えばサクっと買っても失敗はしないでしょう。購入はオンラインだと限定キャンペーンをやっていたり余計なオプションもつけられません。

 

XpeiraXZのau・ドコモ・Softbankの販売価格・発売日

今回のXperiaXZは11月上旬に発売予定。予約はすでに開始されています。以下の端末価格は全て税込み。

 

au XperiaXZの新規・機種変更時の端末価格

auのXperiaXZの新規・機種変更時の本体代金
一括価格 73,440円
2年間分割価格 3,060円
毎月割 -1,485円
2年間月負担 1,575円
実質価格 37,800円

au XperiaXZのMNP時の端末価格

auのXperiaXZのMNP時の本体代金
一括価格 73,440円
2年間分割価格 3,060円
毎月割 -2,385円
2年間月負担 675円
実質価格 16,200円

 
auは予約すればau WALLETへ3,240円分のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

 

ドコモの端末価格は未発表

ドコモはいつも後出しで遅いです。機種発表会までやったくせに。発表され次第追記します。

 

ソフトバンク XperiaXZの新規・機種変更時の端末価格

ソフトバンクのXperiaXZの新規・機種変更時の本体代金
一括価格 93,120円
2年間分割価格 3,880円
月月割 -2,400円
2年間月負担 1,480円
実質価格 35,520円

ソフトバンク XperiaXZのMNP時の端末価格

ソフトバンクのXperiaXZのMNP時の本体代金
一括価格 93,120円
2年間分割価格 3,880円
月月割 -3,430円
2年間月負担 450円
実質価格 10,800円

 
ソフトバンクはオンライン限定で予約キャンペーン中。抽選で200名にソニーのBluetoothスピーカーが当たります。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スマホ・Android
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて