最新ブログ iOS10.3.2のアップデートは多数のセキュリティ脆弱性を修正。不具合は今の所なさそう


2台目のサブスマホをNexus5XからZenFone3に乗り換えたので比較

スマホ・Android

今まで2台目として使っていたNexus5XをZenFone3に変えました。サイズ感も変わらず性能は若干のパワーアップ。メインスマホとしても十分なスペックなのでSIMフリーのAndroidスマホを考えている人はおすすめですよ。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


Nexus5XからZenFone3へ乗り換え

実は先日「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭」なる台湾のスマホメーカーASUSが主催するイベントでZenFone3というスマホをもらってきました。

結構前の話なのですでに乗り換え(Googleアカウントでログインして好きなSIMカードを差すだけ)は完了しているのですが、それまで使っていたNexus5Xはお蔵入りの方向に。これも非常にいい端末でした。購入価格が3万円ちょいとかなり安かったですし。

一応スペックや外観など比較してみます。同じようにこれから乗り換えるのもいいと思いますよ。ASUSのスマホはどれも外れがなくていいですね。

 

Nexus5XとZenFone3のスペック比較

左がNexus5X、右がZenFone3。性能的にもライバル機種と言えそうです。

Nexus5XとZenFone3のスペック比較
  Nexus5X ZenFone3
初期OS Android6.0
(Marshmallow)
Android6.0
(Marshmallow)
CPU Snapdragon 808 ヘキサコア
1.8GHz
Snapdragon 625 オクタコア
2.0GHz
メモリ(RAM) 2GB 3GB
ディスプレイ 5.2インチ
1920×1080
5.2インチ
1920×1080
容量(ROM) 16GB 32GB
カメラ 1230万画素
前面カメラ500万画素
1600万画素
前面カメラ800万画素
通信方式 Wi-Fi
b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
Wi-Fi
b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
対応電波周波数 4G LTE
2100MHz Band1
1900MHz Band2
1800MHz Band3
1700MHz Band4
900MHz Band5
2500MHz Band7
900MHz Band8
1700MHz Band9
700MHz Band17
800MHz Band18
800MHz Band19
800MHz Band20
800MHz Band26
700MHz Band28
2500MHz Band38
2300MHz Band40
2500MHz Band41
3G W-CDMA
2100MHz Band1
1900MHz Band2
1700MHz Band4
900MHz Band5
800MHz Band6
900MHz Band8
1700MHz Band9
800MHz Band19
4G LTE
2100MHz Band1
1900MHz Band2
1800MHz Band3
850MHz Band5
2600MHz Band7
900MHz Band8
800MHz Band18
800MHz Band19
800MHz Band26
700MHz Band28
TD2600 Band38
TD1900 Band39
TD2300 Band40
TD2500 Band41
3G W-CDMA
2100MHz Band1
1900MHz Band2
850MHz Band5
800MHz Band6
900MHz Band8
800MHz Band19
指紋認証 あり あり
バッテリー容量 2700mAh
USB Type-C
2650mAh
USB Type-C
重量 136g 144g
サイズ 横72.6mm
縦147mm
厚さ7.9mm
横73.9mm
縦146.8mm
厚さ7.69mm
カーボン
クオーツ
アイス
サファイアブラック
パールホワイト
SIMカード Nano SIM Micro SIM
DSDS

 
LTE電波の周波数的にはNexus5Xの方が対応が多いですが、Band4・Band17はアメリカの周波数・Band20はヨーロッパで使われている周波数・Band9はBand3に対応していれば問題ありません。日本で使う分には気にしないでOK。

CPUについてはNexus5Xが数世代前の上位モデル、ZenFone3が最新の中位モデルといったところ。性能は追い抜いていますし消費電力的なアップデートもあるので、Snapdragon808とSnapdragon625なら後者の方が総合的なパワーは上。

それに加えてZenFone3はメモリも3GB搭載。色々な作業を同時にやらない限り2GBでも十分ですが、多く積んでいて悪い事はありません。

広告

 

ZenFone3はSIMカードや通信周りが強化されている

Nexus5Xはメインスマホとして使うには良かったのですが、サブスマホとしてSIMを何枚も入れるにはデュアルSIMに対応していなければいけません。ZenFone3はデュアルSIM対応。

もう一枚のSIMカードで待ち受けできるデュアルスタンバイ、au回線のVoLTE(高品質通話)に対応などモバイルネットワーク周りについてはNexus5Xの上をいっていると言えます。デュアルSIMは個人的にも重要。

 

本体サイズが変わらないので違和感なく持てる

Nexus5XとZenFone3は本体サイズの寸法がほとんど同じ。どちらも5.2インチで画面の解像度も一緒

2台目のサブスマホをNexus5XからZenFone3に乗り換えたので比較02

 
そして最も気に入ったのが右側面の音量ボタン・電源ボタンの位置関係。Nexus5Xの唯一の不満がここでした。手で持つと音量ボタンを誤って押しちゃうんですよ

2台目のサブスマホをNexus5XからZenFone3に乗り換えたので比較03

2台目のサブスマホをNexus5XからZenFone3に乗り換えたので比較04

 

ZenFone3のベンチマークはNexus5Xと大して変わらない

一応ベンチマークソフトを使って性能を比較してみました。AnTuTu。左がNexus5X、右がZenFone3。全体のスコアは60837と62870でZenFone3が勝っていますが、3DのスコアはNexus5Xの圧勝

Nexus5XとZenFone3のベンチマーク AnTuTu

 
次にReal Benchmark。上がNexus5X、下がZenFone3。CPUはZenFone3の圧勝、GPUはいい勝負(←これの理由はよくわからない)。発売日を考えるとNexus5Xはかなり高性能ですね

Nexus5XとZenFone3のベンチマーク Real Benchmark

 
2万円くらいで買えるSIMフリースマホのベンチマークスコアは2万~3万程度なのでどちらも十分にハイスペックです。さすがにZenFone3が上回るようですね。

と言うよりNexus5Xが頑張りすぎです。余計なものが一切入ってない素のAndroidというだけの事はある。ZenFone3はASUSのチューニングやソフトが入っているので多少スコアが落ちるのも仕方ない話。

もちろんその分利便性が上がっているので、Nexus5X以上にサクサク使えて更に便利になったと考えればOK。UIは好みにもよりますが操作しやすく受け入れやすいと思いますよ。

設定画面などは素のAndroidよりも見やすくなっています。こんな感じ。左がNexus5X、右がZenFone3

Nexus5XとZenFone3の設定画面の違い

 

ZenFone3はMVNOで購入をどうぞ

Zenfone3は大きすぎず小さすぎず、十分なハイスペックと手を出しやすい価格で大人気。ASUSのスマホは実績もありますし自信を持っておすすめしますよ。

タダで貰ったから言うわけではありませんが不満はないですね。仕様的な部分ではauネットワークのVoLTE周りで言いたい事がなくもないですが、私はMVNOのau回線は使いませんし個人的にもおすすめしていません。

普通にドコモ系の格安SIMで使うのがおすすめです。ZenFone3はMVNOでの取り扱いも多いので買いやすいのもGood。各社のキャンペーンや価格を見てみて下さい。

 
続きのレビューはZenFone3とiPhone7のカメラの画質を比較。料理、風景写真などをどうぞ。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スマホ・Android
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて