最新ブログ フリーザー・ルギアなど伝説レイドボスの倒し方。弱点を突けるポケモンを回復させて戦おう


3GBメモリのSIMフリースマホ「arp AS01M」が12,744円、SIMカードつき!

arp AS01M

3GBのメモリを搭載したSIMフリースマホ「arp AS01M」がgooSimsellerで12,744円。CPU性能は高くないですがライトな用途なら十分。OCNのSIMカードもセットでこの価格!

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


3GBメモリ搭載「arp AS01M」が大セール中

現在のSIMフリースマホは2GBのメモリが標準。1GBの機種はどんなに安くても買ってはいけません。端末テストとか開発者の遊び用です。

メモリは3GB以上搭載していると多少重い動作をしてもカクつく可能性が減ります。4GB以上は64bitのOSでないと無意味という事もあり3GBあれば十分。

SIMフリーで3GBメモリ搭載の「arp AS01M」が今ならgooSimsellerで1万円前半で購入可能。結論から言うとデュアルSIMが不要な人、とにかく安くSIMフリースマホと格安SIMを手に入れたい人におすすめ。

 

arp AS01MとPriori3S LTEのスペック比較

以下はarp AS01MとPriori3S LTEのスペックを比較したもの。比較相手にPriori3S LTEを選んだのはCPUが同じだからです。

arp AS01MとPriori3S LTEのスペック比較
  arp AS01M Priori3S LTE
初期OS Android5.1
(Lollipop)
Android5.1
(Lollipop)
CPU MediaTek
MT6735P 1GHz
MediaTek
MT6735P 1GHz
メモリ(RAM) 3GB 2GB
ディスプレイ 5インチ
1280×720
5インチ
1280×720
容量(ROM) 16GB 16GB
カメラ 800万画素
前面カメラ200万画素
800万画素
前面カメラ200万画素
通信方式 Wi-Fi
b/g/n
Bluetooth 4.0
Wi-Fi
a/b/g/n
Bluetooth 4.0
対応電波周波数 4G LTE
2100MHz Band1
1800MHz Band3
800MHz Band19
2500MHz Band41
3G W-CDMA
2100MHz Band1
900MHz Band8
800MHz Band19
2G EDGE/GSM
(1900/1800/900/850)
4G LTE
2100MHz Band1
1800MHz Band3
2600MHz Band7
900MHz Band8
800MHz Band19
3G W-CDMA
2100MHz Band1
800MHz Band6
900MHz Band8
800MHz Band19
2G EDGE/GSM
(1900/1800/900/850)
バッテリー容量 2150mAh 4000mAh
重量 130g 161g
サイズ 横72mm
縦144mm
厚さ7.6mm
横72mm
縦144mm
厚さ9.4mm
ホワイト ブラック
ホワイト
ネイビー
SIMカード Micro SIM
Micro SIM
Nano SIM
Micro SIM

 

arp AS01Mの残念な点

デュアルSIMは両スロットLTE対応ではない

まず第一にデュアルSIM機ではありますが片方のスロットは2G専用。日本では2Gは使えないので海外で通話SIM+データSIMの組み合わせでしかデュアルSIMを生かす事はできません。日本にいる限り無意味です。

FOMAプラスエリア非対応

またLTEの対応周波数的に3GのBand6に対応していません。これはFomaプラスエリアと呼ばれ通話の電波の良さに関わってきます。LTEはBand41が対応するとは言えソフトバンクとauの電波周波数なので、ドコモの格安SIMを使う場合はPriori3S LTEよりもやや落ちると言っていいでしょう。

OCNのSIMカードが付属していますがこれはドコモ回線の格安SIM。ほとんどの格安SIMはドコモ回線と思っておけばいいです。ちなみに付属のSIMカードは使わなくてもOKです。現在は無料のSIMを別で契約した方がお得。

2016年7月1日追記:DTI SIMはいつ申し込んでも3GBプランが半年無料となりました。最強です。

 

バッテリーがやや貧弱

比較対象に大容量バッテリーのPriori3Sを選んでいるので強調されていますが電池容量2150mAHはやや少ないですね。

ただ価格からすれば文句を言う部分でもないと思います。モバイルバッテリーなどでどうにでもなりますしその分重量は軽いというメリットもあるので。

 

この価格ならアリ。格安スマホ・格安SIMデビューにどうぞ

3GBのメモリと言ってもCPUがそこまで優秀ではないのでスペック的には中の下あたりと思っていいです。ヘビーユーザ向けではなくライトユーザ向けのSIMフリースマホ。

定価の24,624円では勧めませんが12,744円で購入できるとなればアリですね。私はタダキャンペーンをおすすめしますが格安SIMもついてきてこの価格ですし。

5月18日からセール価格になっていますがいつまでやっているかはわかりません。記事執筆時は在庫はありました。クレジットカード決済も代引きも大丈夫です。デュアルSIMは使わない、SIMフリースマホを体験してみたい方はどうぞ。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スマホ・Android, 格安SIM・MVNO
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて