最新ブログ iPhone8/8 Plus予約開始!iPhone7/7 Plusと何が違うかスペック比較


格安SIMの通信速度はドコモやauと同じ?通信品質は帯域の混雑度で決まります

格安SIM・MVNO

人気の格安SIMとおすすめのMVNOを比較

格安SIMの通信速度は大元のドコモやauと同じなのでしょうか。またMVNO各社でスピードに違いはないのでしょうか。通信品質は帯域がどれだけ空いているか、ユーザ数とのバランスによって決まります。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


格安SIMの通信速度はドコモやauと同じ?

ドコモやSoftbankなどケータイ会社で契約したスマホにはその会社のSIMカードが入っています。最近流行っているMVNOというのは格安SIM会社の事で、ドコモやauのスマホ・SIMフリーのスマホで使えるSIMカードを提供しています。

ドコモやauと同じエリアで通信できる反面スピードが遅かったりサポートが手薄だったりしますが、メリットとして名前の通り通信料が安くなります。最低でも半額くらいには落とせるでしょう。

 
先日「格安SIMの通信速度はどの会社も全く同じ。ドコモなど大手キャリアと比べても変わらない」とする記事が話題になっていました。

今日は、格安スマホの「速度」の話です。
特に「あそこのサービスは速い」「あっちは遅い」とかの議論に関する話です。

結論から言ってしまうと、こういう話に意味はありません。基本的に、どこも速度はいっしょです。

というのも、全ての格安スマホ会社は、ドコモかauから回線を借りて商売をしてます。
大元がいっしょなのです。

同じ大元から仕入れた回線を売っているので、「こっちの方がいい」「悪い」ということはありえません。
だからこそ、料金プランとか、オプションとかサポートで勝負してるわけですが、一番大事な「回線速度」に関していえば、どこの会社も全く同じです。

中略

どこの会社だって、過剰に回線を増強したりしないし、速度が遅いとすぐに増強します。
こうして、日本のスマートフォン事情は、「大手キャリアを使おうが、格安スマホを使おうが、速度は変わらない」という結論になります。

「DMMモバイルは速度が速い」とか「IIJmioの速度が遅くなった」とか、意味無いですから。

 

格安SIMの通信速度はMVNO各社で違います

上記のブログは分かりやすさを優先してざっくりした表現をしているようですが、回線速度がどのMVNOでも同じというのは間違いです。格安SIMの通信速度はMVNOが大手キャリアからレンタルしている「帯域」で決まります。

この「帯域」はMVNO各社がどれくらい借りているかわからないので、契約前に公式サイトで回線品質が見られるわけではありません。

MVNOはほとんどがドコモ回線であり、au回線を使っている会社は「UQ mobile」「mineo」「Fiimo」の3つだけ。Softbank回線の格安SIMはまだないのでドコモ系のMVNOを例に図に。

Youtubeでも何でもいいですが、通常のドコモユーザは上のような経路で通信していると思って下さい。格安SIMユーザは別の経路(MVNOがドコモからレンタルしている帯域)を通って通信します

MVNOがレンタルしている帯域とは

 
この「MVNOの設備」と接続部分のスペックが格安SIM会社それぞれ違います。接続するユーザ数ももちろん違いますし、POI(ポイントオブインターフェース)と呼ばれる接続点が増える事で渋滞も起きやすくなっています。

実際に接続するユーザ数が多い通勤時間・昼時・20時以降は特にこうなりがち。10Gbps(10,000Mbps)の帯域を借りていた場合、10,000人同時接続した際一人あたりの通信速度は1Mbpsしか出ません。

帯域をどれくらい借りているかは非公開なので口コミサイトなんかで評判を見るしかないのですが、「格安SIM会社はみんな通信速度が同じ」というのは誤りです。

 

格安SIMの通信速度はドコモやauよりも遅いです

MVNO各社の通信品質は異なりますが、大元の本家ドコモユーザやauユーザと比べてスピードが変わらないというのも残念ながら誤り。正しくはエリアが同じ。

接続するのは同じドコモの回線なのでいわゆる「電波の強さ」は同じと言えても、そこから先の設備が混み合う可能性が高いので基本的に比べると遅いと思っておきましょう

MVNOの通信速度は本家ドコモよりも遅いです

 
ドコモは潤沢な設備を持っていますがMVNOは格安で提供しているのでカツカツです。帯域はすぐに一杯に。つまり本家ドコモユーザより遅くなる可能性が高いと言えます。

 

MVNOは帯域を混雑させないために各社調整している

私は内部の人間でないので実際にMVNO各社がどれくらいの帯域を購入しているかは知りませんが(10Gbpsが的を得ているかどうかも微妙)イメージとしては上記のような感じです。公表されていない部分もあるのでユーザからはわからないブラックボックスと言えるでしょう。

MVNO側でかける速度制限も各社まちまち。プランによって3日で540MBとか、3日で1GBとか、ウチはかけませんよ(でも混んできたら最適化しますよ)とか。このあたりがどれだけ帯域運用の効率化に寄与しているかもやはりユーザ側で読み取るのは難しいです。

帯域幅を効率良く使う為の調整は機能として提供される事もあり、IIJのバーストモード(速度制限下でも最初の数秒だけ高速通信してストレスをなくす仕組み)などが挙げられます。

 

MVNEはサポート役。MVNOにノウハウを提供している

MVNEというのはドコモとMVNO事業者の間に立ってノウハウやサポートを提供してくれている会社です。MVNEのおかげで通信に全く関係ない会社がMVNOとして格安SIMサービスを始められるのです。

 
少しややこしいのですが、MVNEとして仲介している事業者がMVNOとして格安SIMを提供している事もあります。代表的な会社がIIJ。MVNEのお世話になっているMVNOは大体がMVNEに準拠した形でサービスを提供しています。

IIJはMVNOとしてユーザに格安SIMを提供しながらDMM mobileのMVNE事業もしており、DMM mobileでは同じようにバーストモード機能をウリにしています。

 

DTI SIMの中の人に格安SIMサービスの運用について聞いてきた

DTIはFreebitという会社をMVNEとしてMVNOサービスを提供しています。サービス名は「DTI SIM」。

私の中では「最高速度は他のMVNOに及ばないが昼や夜間のピークタイムも含めて一日中安定している」という評価。動画をあまり見ない私にとっては最高速度よりも安定性がありがたかったんです。

通信速度を安定させる秘訣は?

その辺が気になったので、以前DTI SIMの中の人に「何か秘訣でもあるんですか」と聞いた事がありました。返答はこんな感じ。

DTI SIMはサービスインしたばかりでユーザ数は多くはないですが、それを差し引いてもかなり帯域に余裕を持って運営しています。ServersMan SIM(同社のワンコインSIMサービス)やプロバイダ運営で培ったノウハウを生かしている部分もありますし、MVNOとしては後発という事でベンチマークにできる情報が多かったという面もあります

帯域のレンタルとか追加ってどんな感じ?

また帯域の追加についてはこんなお話が聞けました。メディアやガジェットブログの通信速度チェックなんかで一度評判の落ちた会社が翌月も遅いまま、というのはこうした事情からっぽいです。

帯域の追加は大体1.5ヶ月、最低でも1ヶ月くらいはかかるのでユーザの増加数を見立てて計画的に設備投資する必要があるんです。だから見立て以上にユーザが殺到するとピーク時の減速も帯域が増強されるまでしばらく続いてしまう傾向にあります。採算ラインと品質ラインのバランス取りが大切ですね

DTI側で何か独自に対策している事は?

特定のトラフィックに対して通信速度を絞るとか、何か特別な事をやっていないか聞いてみました。

DTI SIMではP2P通信に関しては明確に速度制限をしています。これは利用規約にも記載していますし具体的なサービス名を一覧表(PDF)にして公開しています。WinnyやLimeWireなど
速度制限については3日間の通信量による通信制御を1GBプランで366MB、それ以上のプランでは1GBの通信をすると実施していますが、それぞれ250MBと710MBを超えた時点でアラートメールをお送りしています

DTI SIMの通信制御

 
申し込んだ時に規約はさっと読んだ気がしましたがP2Pの件は見落としていました。本当に書いてあった。アラートメールについては実際私も受け取った事があります。

 

まとめ

格安SIMの通信速度は帯域幅とユーザ数の割合で決まる。各社違いがあり帯域がどれくらいかはユーザにはわからない

MVNO各社は帯域を有効に使う為に独自の調整をしている。一部は機能としてユーザにも公開されているので参考にするといいかも

格安SIMの通信速度は本家のドコモ・auよりはっきり遅い。通勤時間、昼時、20時以降は特に顕著。サポートも薄くなります。でも料金は半分以下

 

まずはデータ通信SIMを試そう

格安SIM会社の選び方としては「速度の評判がいい会社」「サービスが魅力的な会社」「サポートが充実している会社」と色々な基準がありますが、やはり一番気になるのは通信品質のはず。

結論としてMVNO各社の通信品質が同じという事はありませんが、とはいえ帯域とユーザ数のバランスがキモとなる通信速度に関しては水物な部分が確かにあります。そうした不安定さの代わりに格安で使えると思っていた方がいいです。

ちなみに私は一貫してこう案内しています。

 
安いSIMフリースマホを買って試してもいいですし、使用中のスマホに気になる会社のデータ通信SIMを入れれば今ある環境で体験できます。これなら満足いかなければ解約すればOK。

自分の生活圏内でどれだけの通信速度が出るのか、その速度で月間どれくらいの通信容量を使うのか、総合的に品質と価格のバランスは取れているか。

定期的に速度測定しているデータも参考にはなると思いますが、それでも私はこの提案が最もユーザの満足度が高いだろうと勝手に思っています。

サイトによってはおすすめ理由が「儲かるから」という事もしばしばですし、いきなり自分の通信環境をガラッと変えるよりも影響が出ない範囲で実際に使ってみる事をおすすめします。

現在はBIGLOBE SIMが3ヶ月タダDTI SIMが6ヶ月タダです。まずはこれで試してみるといいですよ。

iPhone8やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


格安SIM・MVNO
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて