最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


楽天モバイル、honor6 PlusやZenFone2・ZenFone3など激安セールを実施

格安SIM・MVNO

楽天モバイルがhonor6 PlusやZenFone2などの旧機種、honor8やZenFone3などの最新スマホをセール中。データ通信SIMの申し込みでも値引きが受けられるので初めて格安SIMとSIMフリースマホを試すのにも最適。

楽天モバイルがSIMフリースマホを激安セール中

端末ラインナップが豊富な楽天モバイルが複数の機種でかなり安いセールをやっています。最新機種も割引で買えるので格安SIMやSIMフリースマホというキーワードに興味のある方はチェック推奨。

中性能くらいのスマホなら1万円で購入可能。型落ち機種を安く買う方法はコスパが高く節約の基本です。とはいえハイスペックを求めている人向けに最新の機種も値引きされているのが嬉しいセール。

楽天モバイルは一般的と言えるドコモ系のMVNO(格安SIM会社)であり、ドコモのスマホかSIMフリーのスマホで利用可能。SIMカードとセットでの購入が前提のセールですが、データ通信SIMの契約料や通信料金を加味してもかなり安いです。ラインナップを見てみて下さい。

 

honor6 Plus

honor6-plus

薄型の5.5インチフルHDディスプレイ、デュアルSIM対応、大容量3600mAhのバッテリー、デュアルレンズ搭載で写真もキレイ。なんと9,800円。

古めの機種なのでAndroid OSのアップデートがどこまで対応するかは懸念点ですがそのあたりがどうでもいい人はとてもお得な機種と言えるでしょう。メモリも3GB搭載。

 

ZenFone2

zenfone-2

5.5インチフルHDディスプレイ搭載。32GBモデルは45,800円→9,800円、64GBモデルは50,800円→12,800円。割引率も高いハイスペック端末。しかも64GBモデルはモバイルバッテリーもついてきます。

世代は古い方ですが当時のハイスペック機。コスパ的には今回のセールラインナップで一番ではないでしょうか。ただしデュアルSIMに対応とはいえ片方は3G・4Gで待ち受けできないので実質無意味な点には注意。

 

ZenFone Selfie

zenfone-selfie

5.5インチフルHDディスプレイ搭載。自撮りがキレイというコンセプトで機種名にセルフィーとついています。37,800円→9,800円。デュアルSIMにも対応。メモリが2GBなので個人的にはあまり惹かれません。

 

arrows M02

arrows-m02

5インチでHDのディスプレイ。富士通が作っているので国産の強みであるおサイフケータイと防水に対応。9,800円。メモリが2GBでCPUも高性能ではありませんがスマホ初心者や国産がいいという方に。デュアルSIMは対応していません。

 

ZenFone Go

zenfone-go

5.5インチですがディスプレイがHD、メモリも2GBと特徴のないスマホです。デュアルSIMには対応。

発売当初は3000mAhのバッテリー搭載で19,800円と安かったのですがセールでそれ以上に安いスマホがあるので微妙です。通話SIMの申し込みなら7,800円、データ通信の申し込みなら13,800円で購入可能。

通話SIM申し込みで7,800円で買うならアリですね。ちなみに楽天モバイルのセール一覧ページではスペル表記が間違っておりZenFoane Goとなっています。パチモンみたい。

 

AQUOS RM02

aquos-m02

arrowsと同じ立ち位置のシャープ製スマホ。型番もスペックも似ています。5インチで2GBメモリ、防水やおサイフケータイに対応。

価格は19,800円と特に安くないのでスルーしていいです。本体容量が32GBと大きめとはいえ、これを買うならarrows M02を買ってSDカードを入れる方がおすすめ。

 

ZenFone2 Laser

zenfone-2-laser

5インチHDでデュアルSIM対応のスマホ。27,800円→13,900円。

当時はデュアルSIM対応のスマホが少なかったので割と人気がありましたが、セールのラインナップを見ると強くおすすめはできません。

ここまで紹介したスマホのセール期間は11月1日(火)9:59までです。

 

honor8

honor8

Huaweiの最新スマホhonor8も継続して7,000円引きセール中です。当初はもっと期間が短く設定されていたはずですが延長されたっぽいです。

honor6 Plusと同じくデュアルレンズを搭載していますがこちらは1200万画素、そしてディスプレイサイズは大きすぎず小さすぎない5.2インチ。CPUもパワフルでメモリも4GBと処理性能的には十分にハイスペックです。デュアルSIMに非対応なのは残念。

詳細は楽天モバイル honor 8 の実機を触ってきました。良コスパでおすすめのAndroidで紹介しています。セール期間は2016年12月1日(木)9:59まで。

 

ZenFone3

ZenFone3 楽天モバイル

ASUSの最新機種であるZenFone3も7,000円引きのセール中。ウリはなんと言ってもDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)。2枚のSIMカードのどちらでも待ち受け可能です。

詳細は日本版ZenFone3とZenFone3 Deluxeの価格とスペックまとめ。MVNOでの購入がお得をどうぞ。セール期間は2016年12月1日(木)9:59まで。

 

データ通信SIMとセットなら端末だけ買うよりも安い

楽天モバイルは端末とSIMのセット割が非常に安いのがいいですね。もはやスマホだけ買うよりSIMカードの契約料3,665円を込みにしても楽天モバイルで買った方が安いです。

特に今回のようにデータ通信SIMでも対象の場合は解約料がかからないので格安SIMの通信を試したい初心者にも最適です。サービスが不満なら無料で解約すればOK(音声通話SIMは1年縛りあり)。

私は初めての格安SIMの場合データ通信SIMを試す事をおすすめしています。いきなりドコモやソフトバンクやauからMNPで電話番号を移してしまうと縛りもあって戻るに戻れないので。

格安SIMは月額料金が激安な代わりにサポートは3大キャリアには及びませんし、混み合う時間帯は必ずと言っていいほど通信速度が落ちます。動画はかなり厳しいと思っておきましょう。そうした使用感は実際に使ってみなくてはわかりません。

私はSIMフリー端末というメリットを生かしてデータ通信SIMを試し、品質に満足できなければ今まで使っていた3大キャリアのSIMに戻す・問題なければMNPで引っ越しするのが攻守最強だと思っています。

楽天モバイルは通信の品質や評判も悪くないので「そんなの面倒だ、しゃらくせえ」という人はエイヤっとMNPでもいいと思います。最新機種のZenFone3やhonor8を7,000円引きで買うも良し、honor6 Plusやarrows M02など旧機種を激安で買うも良し。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!



格安SIM・MVNO
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて