最新ブログ iOS10.3.2のアップデートは多数のセキュリティ脆弱性を修正。不具合は今の所なさそう


FREETEL 極(KIWAMI)のスペック・価格

スマホ・Android

FREETELの極みのスペック

FREETELのSIMフリースマホKIWAMI(極)のスペックと価格が公開されました。6インチの大型Android。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


FREETEL 極(KIWAMI)の詳細が発表

先日は雅(MIYABI)の詳細が公開されましたが今度は極(KIWAMI)。こちらは6.0インチの大型機種です。ドコモ回線やソフトバンク回線のLTEが使えるSIMフリースマホです。

雅については以下の二記事で解説しています。

 

FREETEL 極(KIWAMI)のスペック・価格

以下がKIWAMIのスペックと価格。

  FREETEL 極(KIWAMI)のスペック
OS Android 5.1
(Lollipop)
CPU オクタコア 2.0GHz
(詳細不明)
メモリ(RAM) 3GB
ディスプレイ 6.0インチ
2560×1440
容量(ROM) 32GB
カメラ 2100万画素
スローモーション撮影
3D撮影
800万画素
(インカメラ)
センサー GPS
NFC
加速度センサー
近接センサー
光センサー
e-compass
ジャイロスコープ
指紋認証
無線通信 Wi-Fi a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
対応電波周波数 4G LTE
2100MHz Band1
1800MHz Band3
2500MHz Band7
900MHz Band8
800MHz Band19
3G W-CDMA
2100MHz Band1
800MHz Band6
900MHz Band8
800MHz Band19
2G EDGE/GSM
(1900/1800/900/850)
デュアルSIM micro/nano
(使用中でないスロットは2G扱い)
バッテリー容量 3400mAh
サイズ 横82.6mm
縦159.5mm
厚さ8.9mm
重量 182g
ブラック
価格(税込み) 42,984円

 
6インチで2560×1440の大画面、大容量バッテリー、カメラはインカメラでも800万画素、3GBのメモリにオクタコア(8コア)のCPUとなかなか山盛り。CPUの詳細は不明です。

MIYABIと比べると基本性能はもちろん細かい部分も変わっています。Bluetoothは4.1ですしWi-Fiのacにも対応。それぞれ通信速度のアップが期待できます。センサーも指紋認証を搭載。

強いて言えばバッテリーの着脱が不可となっていますが気にする事はないでしょう。またSIMスロットはMIYABIがmicro/microなのに対しKIWAMIはmicro/nano。

あとはLTEの周波数にBand7の2.5GHz帯が追加されています。auやソフトバンクが4Gとして利用しているのでドコモ系のSIMを使う場合は関係ありません。

広告

 

予約日・発売日はメルマガの登録を。6インチが合うかどうかがカギ

スペック的には特に懸念はないのですが、XperiaZ Ultraの6.4インチに次ぐ6インチという大画面がライフスタイルに合うかどうかですね。

個人的には6インチを超えると「それもうスマホじゃなくてタブレットじゃん」と感じるので、iPadmini2を持っている私は選択肢には入りません。どちらかと言えば雅に惹かれています。

予約開始日・発売日は追って連絡との事なので、こちらのページ最下部にあるメルマガのフォームから登録をどうぞ。

しかし6インチの極が182gなのに5.5インチのiPhone6s Plusが192gというのはやっぱり重そう。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スマホ・Android
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて