最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


LINE電話が凄い!海外含め1分2円から通話可能

LINE

LINE

LINEが新サービス「LINE電話」を発表。固定電話・スマホへの格安通話ができるのですが料金が凄すぎます。LINE電話以外の発表もまとめてあるので要チェック!

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

LINEは2月26日、無料通話・メッセージアプリ「LINE」の新サービス発表会「LINE Showcase 2014 Feb.」を開催した。

1つめの新サービスはLINEスタンプのオープン化。従来の500種類以上の公式スタンプに加えて、クリエーターが制作したスタンプを販売可能に。

2つめの新サービスが、企業がLINEユーザーに情報発信できる公式アカウント向けの新たな仕組み「LINE ビジネスコネクト」。LINE ビジネスコネクトによって、たとえば公式アカウントへピザのスタンプを送るだけで宅配ピザが注文できたり、レンタルショップから前日に返却の連絡を受け取ったりできるようになる。

3つめの新サービスが「LINE電話」。LINEユーザー同士だけでなく、国内外の固定電話やフィーチャーフォンとも格安で通話できるようになる。

cnet

 

LINEの新サービス

本日「LINE Showcase 2014 Feb.」という新サービス発表会が開催されました。新サービスは3つ。スタンプのオープン化・LINEビジネスコネクト・LINE電話。では順番に解説していきましょう。

 

LINEスタンプのオープン化

LINE-call01

 
もちろんLINE社の厳しい審査を通ったものだけですが、登録すれば誰でもスタンプを売れるようになります。1個100円。販売したスタンプは50%がLINEに徴収され、残りの50%が作者に支払われる仕組み。

アマチュアのマンガ家さんを中心に爆発するかもしれません。ちなみに公序良俗に反するもの、未成年者の飲酒喫煙を想起するもの、性的表現、暴力的表現、ナショナリズムを煽るものは禁止されています。

絵師さんも今がチャンスですね!ネットでお金を稼ぐ系はほとんど初期に参入すれば勝ち。参入は早ければ早いほど稼げますよ。

サービス開始時期
4月開始予定

公式サイトであるLINE Creators Marketはすでにオープンしています。興味のある方は見てみて下さい。

 

LINEビジネスコネクト

LINE-call02

 
簡単に言えばAPIの公開。APIというのは中のプログラムの権利みたいなもので、これを利用して新しいアプリとかを作っていいですよというお達しです。

例えば個人が制作したマップアプリなんかでGoogleマップが採用されているものがありますが、あれはGoogleマップのAPIを使っているという事。

プログラマやIT企業に属する人以外は関係ないのでスルーしてOKです。これによって日本のビジネスは大きく変わりますが、でじねこ.comは初心者向けなので言及しません。

サービス開始時期
まずは一部企業と連携。今後希望する会社はLINE社に連絡を

 

LINE電話

一番ユーザにメリットが分かりやすいのがこれ。
LINE-call03

 

これは以前紹介した楽天でんわのようなもの。無料ではありませんが、スマホでないいわゆるガラケーや固定電話とも格安で通話ができるというもの。

しかし中身は全く違います。固定電話への通話料は驚きの1分2円。楽天でんわは1分21円ですから、これはあらゆる通話アプリを越えた安さでしょう。

LINE-call04

 

携帯・スマホへの通話料も1分6.5円と破格の値段。海外にも対応しておりアメリカ、メキシコ、スペイン、タイ、フィリピンなど。料金はもっと安く1分1円から。凄すぎる。

LINE-call05

 
海外の友達に気軽に電話ができる事になりますね。これはこの為だけにスマホを買ってもいい、というキラーアプリにさえなれるポテンシャルがあると思います。

サービス開始時期
3月開始予定

 

料金プラン

料金プランは事前チャージ式の「コールクレジット」と、購入から30日間使える「30日プラン」の二つがあります。

コールクレジット
・通話料は携帯・スマホへは1分14円。固定電話へは1分3円。アメリカへは1分2円
・LINEアプリ内やLINEウェブストアから事前に使う分をチャージしておく

30日プラン
・通話料は携帯・スマホへは1分6.5円。固定電話へも1分6.5円
・LINEウェブストアからプランを購入。通話先の国や回線によって購入プランが違う
・仮に「30日プラン日本固定60分」プランだと120円

30日プラン(固定)
・通話料は携帯・スマホへは1分6.5円。固定電話へは1分2円
・LINEウェブストアからプランを購入。通話先の国や回線によって購入プランが違う
・仮に「30日プラン日本固定と携帯60分」プランだと390円

また楽天でんわのように新しいアプリを入れる必要はありません。使っているLINEアプリのアップデートで対応するそうです。電話番号もそのまま。

 

LINE電話の注意点

デバイスに電話番号がなくてはいけない
LINEに登録されている電話番号を使うという事なのでFacebook認証しかやっていない端末だと使えません。電話番号が発行されているSIMが入っており、番号の認証をLINEアプリ内で設定する必要があります。

代替端末やiPodtouchなどでFacebook認証しかやってない人は使えないという事ですね。PCからの発信もできません。

30日プランはかけ放題ではない
また「30日プラン」は「30日間かけ放題」ではありません。「60分を上限として30日間以内ならさらに格安になりますよ」というもの。

30日経過、または60分以上の通話をするとそのプランは終了となるわけです。

相手がドコモの場合だけ番号は強制的に非通知になる
ドコモの携帯・スマホへLINE電話をかけると強制的に非通知になります。これはもう仕様らしいです。回線提供業者の問題だとか。

公式サイトはすでにオープンしています。要チェック!

広告

LINE、使ってみる事をおすすめします

以下の記事でも言っていますが、韓国資本の会社だから・個人情報を流出させたくないからという理由でLINEを使わないのであれば意固地にならずに使ってみる事をおすすめします。

もちろん使う使わないは個人の自由ですがそれを言ってはインターネットはできません。便利なものは便利に使う、それがネットを駆使するという事です。

メッセージングアプリは流行ればもはやインフラです。友人はみんな入れているのに自分だけ入れていない、という状況が今後不便になるかもしれませんよ。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


LINE
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて