最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


Softbank光とスマート値引きの詳細まとめ。割引金額・条件

Softbank

ソフトバンクの「スマート値引き」をまとめました。固定回線「Softbank光」とスマホのセット割です。料金や条件の詳細をどうぞ。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

Softbank光とスマート値引き

ソフトバンクは今までも固定回線とスマホのセット割を提供はしていましたが、地域がごく一部だったり回線がADSLだったりとあまりにも対象ユーザが少なすぎたため話題になりませんでした。

3月1日からはNTTのフレッツ光が他社に卸売りされるため、その設備を使って他の事業者もセット割引を出す事が可能になります。

NTT的にはドコモのためだったのでしょうが、先日発表された光回線「ドコモ光」とスマホのセット割「ドコモ光パック」はなかなか複雑な内容で、かつ計算してみると恩恵を受けられるユーザは少ないという結果になりました。

 
ソフトバンクが提供する光回線「Softbank光」、そしてスマホとのセット割「スマート値引き」をまとめました。

 

Softbank光の料金・内容

まずは固定回線の方から。
NTTから回線を借りているので、基本的な内容やエリアはフレッツ光と同じです。以下が料金

 
ただし集合住宅に住んでいるイコールマンションタイプではないので注意。
現在フレッツ光を使って入れば切り替えるだけで済みますが、建物自体がフレッツ光対応でないと外の電柱から光を引き込むホームタイプになります。

このあたりはマンションの管理人さんに確認したりNTTに問い合わせたりする必要があります。

 

初期費用

ドコモ光では工事費が結構かかってくるようですが、Softbank光は工事費が「実質0円」との表記になっています。
派遣工事費、無派遣工事費(NTT局内の切り替え工事)のどちらでも実質0円。「実質」の意味はわかりませんが…

契約事務手数料の3,240円が必ずかかってくるのは一緒です。

 

スマート値引きの料金・内容

スマート値引きはスマホの料金・固定回線の料金から別々に割引が受けられる仕組み。かつて提供していたサービスと同名のものですが内容が一新されています。

スマホの割引

以下がスマホの割引内容

スマホの契約プラン名 2年間割引額 3年目以降
旧料金プラン 最大-500円 最大-500円
データ定額パック(3G携帯) 最大-500円 最大-500円
データ定額パック(月2GB) -500円 -500円
データ定額パック(月5GB) -1,522円 -1,008円
データ定額パック(月10GB) -2,000円 -1,008円
データ定額パック(月15GB) -2,000円 -1,008円
データ定額パック(月20GB) -2,000円 -1,008円
データ定額パック(月30GB) -2,000円 -1,008円

 

旧料金プランであるホワイトプランが「最大」となっているのは、申し込んでいるパケットのプランによって異なります。最大500円/月。

Softbank光の割引

こちらが固定回線の割引内容。先ほど「スマホの料金・固定回線の料金から別々に割引が受けられる」と書きましたが、ここはソフトバンクマジック。

固定回線の割引額は1,424円/月なのですが、割引を受けるには以下の3つのオプションを申し込む必要があります。

 
この3つは合計で1,924円かかるので1,424円の割引を受けたところで500円の足が出ます。3つのサービスははっきり言って不要なので固定回線側の割引は実質なし、むしろ割高と考えた方がいいです(固定電話がある方は料金的に不利ではないですが)。

 

全て含めた月額

以下が固定回線が戸建てタイプだった場合。

スマホ契約プラン Softbank光 スマホ 割引額 合計月額
旧料金プラン 6,166円 5,616円 -500円(最大) 11,282円
データ定額パック(3G携帯) 6,166円 3,780円 -500円(最大) 9,896円
データ定額パック(月2GB) 6,166円 3,780円 -500円 9,896円
データ定額パック(月5GB) 6,166円 5,400円 -1,522円 10,044円
データ定額パック(月10GB) 6,166円 10,260円 -2,000円 14,426円
データ定額パック(月15GB) 6,166円 13,500円 -2,000円 17,666円
データ定額パック(月20GB) 6,166円 17,280円 -2,000円 21,446円
データ定額パック(月30GB) 6,166円 24,300円 -2,000円 28,466円

 

以下がマンションタイプ。

スマホ契約プラン Softbank光 スマホ 割引額 合計月額
旧料金プラン 4,644円 5,616円 -500円(最大) 9,760円
データ定額パック(3G携帯) 4,644円 3,780円 -500円(最大) 7,924円
データ定額パック(月2GB) 4,644円 3,780円 -500円 7,924円
データ定額パック(月5GB) 4,644円 5,400円 -1,522円 8,522円
データ定額パック(月10GB) 4,644円 10,260円 -2,000円 12,904円
データ定額パック(月15GB) 4,644円 13,500円 -2,000円 16,144円
データ定額パック(月20GB) 4,644円 17,280円 -2,000円 19,924円
データ定額パック(月30GB) 4,644円 24,300円 -2,000円 26,944円

モバイルルータのキャンペーン

スマート値引きを申し込む人は新規にモバイルルータも申し込むとモバイルルータの月額が1,522円引きになる「スマート値引き Wi-Fiルータ特典」が適用になります。

広告

 

スマート値引きまとめ

固定回線の値引きはないも同然

スマホの値引きは悪くない

初期費用が大幅に低い(表記が実質0円)

こんな感じかと。

ドコモ光パックはスマホの月額からではなく総額から割引きになるだけなので、もしスマート値引きがスマホの台数毎に割引が効くようであればもう少しメリットが出てきます。ここは資料を読んでも出ていませんでした。

予約受付は2月4日(水)から。何か詳細が発表されたら追記します。

しかしドコモも含めてですが、なんだかんだ言って「これを目当てにスマホも固定回線も乗り換える」というほどのインパクトは出せていないと思います。
あくまでも対象者だったけど今までなかったから恩恵を受けられなかったというユーザ向け。

ワイモバイルもあるにはある、が

なおワイモバイルもSoftbank光とのコラボ割引を発表しており、こちらは回線数で合計の割引金額が決まるわかりやすい内容ですが肝心の割引金額がショボイです。
戸建てで4回線、マンションで3回線の家族でない限り申し込むメリットなし。

Softbank光のタイプ スマホプランS/M/L 割引額
戸建てタイプ 1回線 -540円
戸建てタイプ 2回線 -1,080円
戸建てタイプ 3回線 -1,620円
戸建てタイプ 4回線以上 -5,616円
マンションタイプ 1回線 -540円
マンションタイプ 2回線 -1,080円
マンションタイプ 3回線以上 -4,104円

 
相変わらず固定電話や契約に絡む問題は残っているので、ドコモにしろソフトバンクにしろビックローブにしろNTTの光卸売りを使ったサービスをそもそも使うかどうかは検討しておくといいでしょう。

auスマートバリューは割引額もそこそこでスマホ一台毎ですし、契約もややこしくないので懸念なく乗り換えができるのですが。Softbank光の申し込みは以下からどうぞ。

【iPhone7も】スマホは公式のオンラインショップで予約が常識。余計なオプションをつけられる心配もないです。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


Softbank
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて