最新ブログ Amazonプライムセール2017に繋がらない、アクセスできない人は商品やカテゴリページから試そう


ソフトバンクが月間1GBで5,000円以下のプランを新設へ

Softbank

スマートフォンの月間の通信容量

ソフトバンクが月1GBの通信容量で基本料金込み5,000円以下のプランを新設すると報道がありました。既存プランの値下げはなさそうです。格安SIMへ移行しましょう。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


ソフトバンクが月間1GBで5,000円以下の新プランを導入へ

総務省からの要望を受けてソフトバンクが低通信容量プランを導入するとNHKが報じています。対象のユーザにとっては悪くない話かもしれません。

内容はソフトバンクの発表待ちですが、通話プランの詳細が出ていないのでまだ評価はできません。以下は既存の料金プラン。

 
どちらも通話が無料という点がメリットではありますがこれがなくなる可能性もあります。LINEやFacebookなどデータ通信で通話をすれば無料ですが、月間1GBの通信容量では通話し放題とはいきません。

その場合帯に短しタスキに長しの微妙なプランとなります。またこのプランでは各種キャンペーンが適用外、なんて措置も考えられます。詳細が発表されるまでご注意を。

 

月間の通信容量、ユーザは何GB使っているか

以下はMM総研が発表した「スマートフォン契約数および端末別の月額利用料金・通信量」ですが、月1GB以下で済んでいるユーザは全体の24%ほど。割合的には確かに一番多いようです

スマートフォンの月間の通信容量

 
ただこの結果は2015年3月度のもので、かつ調査対象ユーザの6割が「わからない」と答えている(つまりスマホに詳しくない層は未回答)点に注意です。

残りの4割、スマホに明るいユーザをまとめてこの結果という事は家や職場にWi-Fiを導入していてモバイルネットワークを使う機会がないから低容量で済んでいるという可能性もあります。私の周りでは家にWi-Fiを導入していてもやはり3~5GBほど使っている人が多いですね。

うちの親なんかは月間7GBの旧料金プランでiPhoneを契約していますが毎月5GBくらいは使っています。6割の未回答ユーザが1GBで済んでいるかは疑問が残るデータ。

 

1GBで上限5000円。既存プランの値下げにはならなそう

低容量プランの新設という形でまずはソフトバンクの発表ですが、いつもの談合でauとドコモが似たプランで追随する可能性は高そうです。

2016年1月7日追記:ソフトバンクが発表しました。詳細は ソフトバンクの月間1GBデータ定額パック、スマ放題ライトとセットで5,292円

月にそんなに通信を使わず、かつメールアドレスを変えたくない格安SIMへの移行に抵抗がある人向けの料金プラン。多数のユーザが恩恵を受けられるかと言うとそうではないでしょう。

au・ドコモを含め通信キャリアからの正式発表が待たれます。値下げをするならするでシンプルに現行のプランからの値引きを期待したいところですがそうなる見込みは薄そう。

私は自分も使っていますが格安SIMへの移行をおすすめしています。無料通話分はなくなりますが、毎月の料金は同じ月間1GBなら1,500円以下で済みますよ。3GBでも1,620円。

 
携帯料金は国民の誰もが節約できるポイント。メールアドレスにこだわって高い料金を払い続けるなら、このタイミングで格安SIMにしてGmailに切り替えれば今後ずっと使えますよ。

【iPhone7も】スマホは公式のオンラインショップで予約が常識。余計なオプションをつけられる心配もないです。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


Softbank
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて