最新ブログ ネタバレあり、古典部シリーズ氷菓の最新作「いまさら翼と言われても」感想・レビュー


フレッツ光の光サービス卸売り、Hi-BitとU-NEXT2社が行政指導

通信サービス

ドコモ光やSoftbank光で話題になっているNTTの光卸売りサービスでHi-BitとU-NEXTが悪質な勧誘をしたとして行政指導を受けています。

広告

フレッツ光の卸売りサービス

NTT東日本・西日本はフレッツ光を他社に卸売りし、他社は買い取った光回線と自社のサービスのセット割を提供して契約者を増やそうとしてます。
ドコモならドコモ光とスマホのセット割、ソフトバンクならSoftbank光とスマホのセット割。auが同じような仕組みで好調なのであやかりたいわけです。

 
最近だと大手キャリアだけでなくMVNOが格安SIMとのセット割を出したりしています。フレッツ光はシェアトップのサービスであり契約者はたくさん。すでに光の固定回線契約は日本中に溢れています。
サービス卸売りを受けた会社は新規契約というより、なんとか既存のフレッツユーザからのひっくり返しでシェアを奪いたいもの。強引な勧誘の結果行政指導を食らったそうです。サービス開始前なのに。

ドコモ・ソフトバンクのスマホとのセット割は以下にまとめてあるので興味のある方はご参照下さい。

 

行政指導を受けたのはHi-BitとU-NEXT

今回注意されたのはHi-BitとU-NEXTの2社ですが、今後も増えそうな感じがしますね。

不適切な電話勧誘の事例として、本人の同意を得ぬまま、フレッツ光から自社サービスに契約を変更する手続きをするケースや、電話で聞いた契約者情報をもとに、本人になりすましてNTT東西に契約変更の承諾を行うケースなどがあったもようだ。

産経

 
私も昔同じ業界で働いていた事がありますが、強引な勧誘や法に触れる手続きなどは結構横行していました。ニュースで言われているのはおそらくテレアポの電話勧誘部隊でしょう。

auのスマートバリューは明朗な契約内容になっていますが、NTTの光コラボレーションを使ったサービスは総じて中身が分かりづらいので気をつけて下さい。電話口で気軽に申し込みを決めるほど軽い契約内容ではありません。

広告

 

光とのセット割、検討中の方は情報収集を

特にフレッツ光を利用中で固定電話を契約しているユーザは要注意。
他社に乗り換えても固定電話は利用可能ですが、また何かの事情でフレッツ光に戻した時に固定電話番号が変わってしまう可能性があります。

 

せっかく安くなるサービスなら事業者ごとの内容を比較して一番お得なものを選べればいいですね。検討中の方は色々なページをチェックしてみた方がいいです。なおHi-Bitがフレッツ光のサービス卸でまた行政指導。NTTを装う電話勧誘には要注意という続報があります。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


通信サービス
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて