最新ブログ フリーザー・ルギアなど伝説レイドボスの倒し方。弱点を突けるポケモンを回復させて戦おう


ソフトバンクとauは旧料金プラン(ホワイトプラン・LTEプラン)でiPhone6sを購入可能

au, Softbank

auとSoftbankは旧料金プランでもiPhone6sが買えます

iPhone6sはソフトバンクでホワイトプラン、auでLTEプランと呼ばれている旧料金プランでも契約可能。ドコモだけはこの料金を選べません。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


iPhone6sを旧料金プランで買うならSoftbankかau

ドコモ・au・ソフトバンクには代表的な3つのプランがあります。通話が無料の代わりに基本料金とパケット代が割高な通話向けプラン、新しく発表されたライトな通話向けプラン、昔からあるパケット代が割安な旧料金プラン。

ドコモだけは去年受付を停止してしまったのですがauとソフトバンクはiPhone6s購入時も変わらず選択できます。これは各社のHPにも書いてある事。

詳しい料金プランはiPhone6sの月額と料金プランの比較。au・ドコモ・ソフトバンクにまとめてあるのでご一読を。

 

店舗への予約でホワイトプランを断られた

通話がLINEなんかの無料アプリで済む昨今、通話料が無料な代わりに基本料金とパケット代が高いプランはメリットを感じる人が少ないはず。

ソフトバンクのある店舗でiPhone6の予約に行ったら新料金プランしか受付できないと案内されたユーザがツイッターでつぶやいていました。

 
iPhone6sはまだ発売日前なので予約時に料金プランを選択する必要はないはずなのですが、機種変更での継続利用という事で話が出たのでしょう。で、iPhone6sにするならホワイトプランは継続できないと言われてしまった。

 

店舗によっては高いプランを強制する事がある

去年から言われている事ですが、ショップの方針なのかスタッフの無知なのか「新料金プランのみしか受付できない」と誤案内されるケースが増えています。

ユーザにとって割安(旧料金プラン)という事は会社側の利益が少なく、ユーザにとって割高(新料金プラン)という事は会社の利益が大きいという事でしょう。

このプラン強制だけでなく、SDカード等を分割で買わされる割賦商法も以前から言われています。適切な価格ならいいのですがそれが超割高だそうですよ。いらないものはいらないと言いましょう。iPhoneにSDカードは刺さりません。

 

iPhone6sの予約はオンラインだと安心簡単

オンラインなら店舗で並ぶ手間も余計なオプションをつけられる事も誤案内される事もなく手続き可能です。

 
店舗で予約・購入する際にホワイトプランやLTEプランは受付できないと言われたらこのページをスタッフに見せて確認してもらいましょう。

今のところauとソフトバンクは旧料金プランでも受付可能、と公式で案内しています。

【iPhone7も】スマホは公式のオンラインショップで予約が常識。余計なオプションをつけられる心配もないです。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


au, Softbank
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて