最新ブログ ネタバレあり、古典部シリーズ氷菓の最新作「いまさら翼と言われても」感想・レビュー


MacBook Pro2016と2015のスペック比較。値下がりした12インチの無印MacBookを購入

Mac

MacBook Proが大幅リニューアルされたので前モデルとの違いをまとめました。新2016年版と旧2015年版のスペック比較。私は13インチのMacBook Airがアップデートされなかったので無印の12インチMacBookを買いました。

広告

MacBook Pro2016と2015モデルのスペック比較

残念ながら11インチと13インチのMacBook Airはアップデートされませんでした。13インチモデルはApple公式サイトからラインナップが消えています。今回アップデートされたのは13インチ・15インチのMacBook Pro。

まとめると、インターフェースも含めて一台で完結できるMacBookは終わった感じですね。MacBookという製品群の全モデルで別売りアダプタの持ち歩きが必須というのは個人的にはありがたくない流れです。

新旧モデルの違いをどうぞ。最小構成のもの同士で比較しているのでお金を出せばスペックアップはある程度可能。

 

13インチモデル

2016年度の13インチモデルは2GHzCPU・Touch Barなし・Thunderbolt2ポートの下位モデル、2.9GHzCPU・高速メモリ・グラフィック強化・Touch Barあり・Thunderbolt4ポートの中位モデル、さらに512GBストレージの上位モデルの3種類。

  13インチMacBook Pro 2016 13インチMacBook Pro 2015
OS macOS Sierra macOS Sierra
液晶 13インチ 2,560×1,600
(500ニト)
13インチ 2,560×1,600
(300ニト)
CPU intel Core i5 2.0GHz/
intel Core i5 2.9GHz
(第六世代)
intel Core i5 2.7GHz
(第五世代)
グラフィック Intel Iris Graphics 540/
Intel Iris Graphics 550
Intel Iris Graphics 6100
SSD 256GB/
512GB
(高速)
128GB
メモリ 8GB 1,866MHz LPDDR3/
8GB 2,133MHz LPDDR3
8GB 1,866MHz LPDDR3
インターフェイス ヘッドフォンポート
Thunderbolt3
(USB Type-C共通)×2/
Thunderbolt3
(USB Type-C共通)×4
MagSafe 2電源ポート
Thunderbolt2ポート×2
USB3.0ポート×2
HDMIポート
ヘッドフォンポート
SDカードスロット
Touch Bar ×/
×
バッテリー 最大10時間 最大10時間
感圧タッチトラックパッド あり
(面積拡大)
あり
本体サイズ・重量 高さ:1.49cm
幅:30.41cm
奥行き:21.24cm
重量:1.37kg
高さ:1.8cm
幅:31.4cm
奥行き:21.9cm
重量:1.58kg

 
税込み価格は下位モデルが160,704円、中位モデルが193,104円、上位モデルが214,704円。

中位モデルか上位モデルは必要なストレージで判断するとして下位モデルはおすすめしづらいですね。新機能のTouch BarがないですしCPU・メモリ・グラフィック・ポートなどほとんどの項目で価格差以上に劣っています。

 

15インチモデル

2016年度の15インチモデルは2.6GHzCPU・256GBストレージの中位モデル、2.7GHzCPU・グラフィック強化・512GBストレージの上位モデルの2種類。

  15インチMacBook Pro 2016 15インチMacBook Pro 2015
OS macOS Sierra macOS Sierra
液晶 15インチ 2,880×1,800
(500ニト)
15インチ 2,880×1,800
(300ニト)
CPU intel Core i7 2.6GHz/
intel Core i7 2.7GHz
(第六世代)
intel Core i7 2.2GHz
(第五世代)
グラフィック Intel HD Graphics 530
Radeon Pro 450/
Radeon Pro 455
Intel Iris Pro Graphics
SSD 256GB/
512GB
(高速)
256GB
メモリ 16GB 2,133MHz LPDDR3 16GB 1,600MHz DDR3L
インターフェイス ヘッドフォンポート
Thunderbolt3
(USB Type-C共通)×4
MagSafe 2電源ポート
Thunderbolt2ポート×2
USB3.0ポート×2
HDMIポート
ヘッドフォンポート
SDカードスロット
Touch Bar ×
バッテリー 最大10時間 最大9時間
感圧タッチトラックパッド あり
(面積拡大)
あり
本体サイズ・重量 高さ:1.55cm
幅:34.93cm
奥行き:24.07cm
重量:1.83kg
高さ:1.8cm
幅:35.89cm
奥行き:24.71cm
重量:2.04kg

 
税込み価格は中位モデルが257,904円、上位モデルが301,104円。ノートPCで30万円て。

ストレージ容量が512GB欲しいなら上位モデルを選ばざるを得ないのですが、CPUとグラフィックのグレードアップで43,200円の価格差は凄い。そんなに違うのかな。

 

新MacBook ProのTouch Barはどうなのか

アップデートの目玉となる「Touch Bar」。以前ファンクションキーが並んでいたディスプレイの下あたり、キーボードの奥に位置するサブディスプレイです。タッチパネル対応で様々なアプリで役割を切り替えて使えるそう。iPhoneに搭載されている指紋認証「Touch ID」も兼ねています。

Touch Barについては触ってない立場でどうこう言えるものじゃないですね。あそこに手を伸ばす気にはなれませんが使ってみれば意外と便利かも。デザインは超絶カッコいいですね。光ってるところを見るとそそります。

ただパワフルな作業をするProというモデルにはそぐわない印象を受けました。便利機能であるFunctionキーの置き換えはゴリゴリ重い作業をするProというよりはライトな無印MacBookに合うイメージです。そんなにハードに活用できる代物なのでしょうか。

 

前モデルよりパワーアップ・コンパクト化、しかしポートが…

液晶も明るくなり処理性能も高速化。ノートPCとしてはモニタサイズが変わらないのにコンパクト化は大歓迎です。13インチモデルは同じサイズのMacBook Airと同等の軽さ。これは大したものですね。パワーはAirとは比べ物になりません。

ただProの名を関するにふさわしいマシンかと言われるとそうではないでしょう。製品ライン的にはモバイル性を高めるよりもハイスペック・拡張性を積むべきです。メモリは最大16GBではなく32GB積みたかった人もいるはず。

そして犠牲になったのがインターフェース。端子は全滅です。全モデルでThunderbolt3ポート(USB Type-C)しかありません。iPhoneを繋ぐのにも別売のケーブルが必要です。

12インチMacBookもそうですが、従来の外付けHDDやスマホ・周辺機器はアダプタやハブがほぼ必須となります。HDMI端子もSDカードスロットも消えました。今更リーダーライターを買うのはちょっと。

新MacBookがおすすめできるのは、SDカードスロットが不要な人・別売りのハブやアダプタで端子を拡張するのに抵抗がない人・買い替えではなく初めてMacBook Proを買う人です。

 

MacBookシリーズは周辺機器の対応待ち

単純な話、CD/DVDスロットが消えてもすんなり受け入れられたのは15インチの据え置きノートならともかく13インチ以下のモバイルノートではそもそも不要となったからです。今やないのが当たり前。

ビジネス的なファイルの受け渡しはクラウドなりUSBメモリなり安価で手軽な代替手段がある中で、エンタメ要素しかなくなってきたCD/DVDスロットがモバイルノートで消えるのは「時代の流れ」の一言で納得できる人が多かったはず。

しかし13インチのMacBook Airや旧MacBook Proを選択した人の中にはSDカードスロットが目的だった人もいるでしょう。SDカードは現在もデジカメで主流と言えるメディア。CD/DVDと違います。

同様に11インチのMacBook Airを選択した人は処理性能を捨ててでも携帯性を取ったユーザ(私)です。処理性能向上・大型化・重量増加した別ラインの製品にすんなり買い替えできるでしょうか?

アップルのコンセプトは明確です。ベースはシンプルに接続はワイヤレスに。ファイルの受け渡しやバックアップはAirDropやiCloudで。

それにしたってiPhoneとの接続ですらアダプタが必要なUSB Type-Cオンリー(インターフェースが限られているモバイル機ならともかく)というのは、接続方式の過渡期に当たる現在ではさすがに利便性が損なわれていると言わざるを得ません。

拡張性に優れるはずの据え置き15インチノートにて自社製品のスマホすら別売りのアダプタが必須という強気を見せるなら、1ヶ月前のiPhone7でライトニングケーブルを廃止してUSB Type-Cにするくらいの大胆さはあっても良かったと思います。

 

買い替え先がない旧モデルユーザが出てきそう

MacBook Airを使っていて12インチのMacBookを買わなかったユーザ(私)、旧MacBook ProのSDカードスロットを多用していたユーザは買い替えを検討するモデルがない難民となりそうです。

頻繁に旅行に行く私に取って重量の増加は見過ごせません。サイズが大きくなるとカバンに入るかもわかりません。そして動画編集をしない私には処理性能も不要。

11インチ・13インチのMacBook Airはライトユーザにとって一台で完結できる最高のモバイルノートでしたね。11インチはすでにラインナップになく、13インチのアップデートも望めなくなってしまいました。製品ライン統合の流れに乗れなかったユーザはどこに行けばいいのでしょうか。

 

12インチMacBookを買いました

そんな不満をぶちまけている11インチMacBook Airユーザの私が何を買ったか。12インチの無印MacBookをポチりました。

MacBookは今後も12インチモデル一機種だろうという予想が立った事(本当はUSB Type-Cが2ポートに増えた13インチの無印かAirを期待したかった)、そしてこのタイミングで21600円の値下げが入った事で買い時と判断しました。税込みで160,704円→139,104円。

使用中の11インチAirは4GBメモリで128GBの容量と厳しくなってきたため、ハブアダプタを持ち歩く携帯性のダウンを許容しつつスペックアップを図る形となりました。これでもう3年戦いたい。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


Mac
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて