最新ブログ iPhoneの充電ケーブル断線しすぎ!耐久性の高いLightningケーブルを買っておこう


iPhone6 PlusからiPhone6sへサイズダウンする人も多い?

iPhone

iPhone6s

iPhone6と6sの画面サイズは4.7インチ、iPhone6 Plusと6s Plusは5.5インチ。前モデルで後者を買った友人が一回り小さいサイズを検討しています。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


iPhone6 PlusからiPhone6sへのサイズダウン

私はiPhone5sを愛用しており名機だと思っています。作業領域・表示領域としてはもう少し大きくてもいいのですが、寝っ転がりながら片手で操れるサイズというのは5sの4インチが限界でしょう。

iPhone6やiPhone6 Plusでも片手でいける、という方は多分手が大きい人です。アプリでは対角の左上に戻るボタンが配置してある事が多いのでそこまで指が伸びてくれないんですよ。

私の友人は4人くらい5.5インチのiPhone6 Plusを使っているのですが、その内二人が「サイズに大満足。もう戻れない」と言ったのに対し残り二人が「次に買うなら4.7インチのiPhone6sにする。両手で使うのが面倒」と答えました。

 

iPhoneのサイズは本当に重要

上記記事でどちらがいいのか判断するコツを書いていますが、結論を言うとiPhoneに関してはスペックは無視して端末サイズで選ぶのが正解です。

4.7インチのiPhone6sと5.5インチのiPhone6s Plusのスペック上の違いはカメラの光学手ぶれ補正の有無とバッテリーの持ちです。

光学手ぶれ補正に関してはどうしようもないので必須な方はiPhone6s Plus(大した機能じゃないと思いますが)しかないですが、バッテリーは足りなければモバイルバッテリーを持ち歩けば済む話です。

それより何より、スペックを使いこなせるかどうかよりも自分の手で快適に操作できるかの方が重要なファクターというのが私の持論。

だから5.5インチがいい人はiPhone6s Plusを選ぶべきですし、4.7インチがいい人はiPhone6sを選べばいいというシンプルな話です。それ以外の要素ははっきり言って些細な事。

Androidの場合は上位モデルと下位モデルでメモリやROM容量が違ったりするので大体上位モデルを選んでおけば間違いなかったりするのですが、iPhoneに関してはスペックよりも自分に合うかどうかが重要です。

 

iPhone6s Plusのサイズ・重量には特に注意

今回のiPhone6s Plusは本体サイズも微妙に違いますし、何より重量が20g増加しています。操作時の感覚はiPhone6 Plusとはまた違ったものになるはず。

でじねこ.comでは当初からこの点をお伝えしています。もし「iPhone6s Plusの方が上位モデルだからそっちを選べば間違いない」と思っているのであればそれは間違いです。

正しくは「本体サイズが違うのでiPhone6sとiPhone6s Plusのどちらがいいかは人による」です。iPhone6s・iPhone6s Plusをドコモ・au・ソフトバンクで予約する前に決めておく事に選ぶ前に考えるべき事を全てまとめてあるので参考にどうぞ。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


iPhone
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて